6月7日木曜日。今日は、むち打ち治療の日だそうです。「む(6)ち打ちをな(7)おそう」という語呂合わせからきているそうですが、むち打ち症は治療すればほとんど症状が改善するので、諦めずに治療をしましょうとの呼びかけをする日とのこと。むち打ち症というと、交通事故の後遺症の1つとして多いと思いますが、治療となると首を固定しなければならないので、なかなか完治まで治療を続けるのがめんどう。筆者も事故を起こしたあと首が痛かったのですが、そのまま放置した経験があります。そのためなのかは不明ですが、なんとなく首から肩にかけて痛かったり......。四十肩、五十肩なのかもしれませんが、治療は大切だということですね。

それでは、過去記事を見ていきましょう。

2017年
BMW「530i」の4気筒エンジンをお薦めしたい理由
ヤマハ発動機、北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売
誤った洗車で愛車を傷付けないために、プロが教える3つの間違いとその解決策

Related Gallery:BMW 530i

Related Gallery:YAMAHA Star Venture


2016年
マイケル・ダンロップ選手、マン島TTレースでラップレコードとコースレコードを更新
VW DAY 2016開催。魅力的なコンセプトカー続々登場
新型フォード「フォーカス RS」に、さらにホットな「RS500」が登場か

Related Gallery:VWDAY2016

Related Gallery:2016 Ford Focus RS: First Drive


2015年
「Vespa primavera 50」試乗記。このキュンとくる姿を、多くの人が特別な練習なく楽しめる
ヘネシー社の「HPE750 マスタング」が、334.6km/hの最高速度を記録
日産「リーフ」、今秋に新バッテリーを搭載して航続距離を延長するとの噂

Related Gallery:Vespa primavera 50

Related Gallery:2015 Hennessey HPE750 Ford Mustang

Related Gallery:2013 Nissan Leaf: First Drive Photos


2014年
まさに"究極のドライビングマシン"だったBMW「M1」を振り返る
バットマンの愛車、バットモービルの最新モデルを公開
大人向けのレゴで作る「ミニ・クーパー」が発売

Related Gallery:Comic-Con 2009 The Batpod Photos

Related Gallery:Lego Mini Cooper Photos


今回気になった記事は、2015年の「マスタングGT」で最高速度記録の話。時速約334km/hというと、F1マシンやWECのLMP1マシンならあっという間に到達する速度域ですが、スーパーカーでもなく市販されている1000万円以下のクルマで、この速度域までもっていくのは相当なもの。といっても、ノーマルではもちろん到達するわけもなく、車体価格並に改造費がかかってはいますけどね。羊の皮をかぶった狼という設定は好きなので、こういう記事は心惹かれるものがありました。

もう1つは、2014年のレゴで作られた「ミニ・クーパー」でしょうか。プラモデルとは違ったレゴならではの味わいがあり、そのこだわりっぷりはプラモデル以上かもしれません。このシリーズは以前からあり、最近もブガッティ「シロン」を精密に再現したレゴキットが登場していて、今後も更にこだわったクルマの登場が期待されます。

関東も梅雨入りしましたが、愚図ついた空模様を吹き飛ばすぐらい、元気にまいりましょう。