1963年製フェラーリ「250GTO」、自動車の取引額では史上最高となる約77億500万円で売買される!
Related Gallery:1963 Ferrari 250 GTO

フェラーリ250GTO」は僅か39台しか生産されなかった非常に希少なモデルであり、地球上で最も価値の高いクルマの1つと認められている。このことは、近年では2014年に開催されたボナムズのオークションで、自動車オークション史上最高額となる約39億円で落札されるなど、驚くべき価格で売却されたことでも裏付けられている。しかし全ての車両がオークションで売られる訳ではない。今回報じられたのは個人間の取引によるもので、売却価格は驚異の7,000万ドル(約77億500万円)。1台のクルマに支払われた金額としては史上最高額と考えられるという。

これは『Fox News』が、フェラーリの歴史研究家に対する取材で売却と金額を確認して報じたもの。買い手はある米国人の実業家されている。これについて高級車の案内広告サービスを提供する『duPont Registry』は、ある掲示板サイトから得た情報としてもう少し早く報じていた。それによると、この1963年製250GTOの購入者は、様々な種類のフロアマットや荷室のフロアカバーを製造・販売するウェザーテック社のデビッド・マクネイルCEOである可能性が高いという。同氏はフェラーリのコレクターとして知られ、自らステアリングを握りヴィンテージ・レースやラリーにも出場している。


これまで個人間取引における最高記録とされていたのは、2013年に5,200万ドル(当時のレートで約50億円6,800万円)で売買されたと言われている車台番号5111GTの同じ1963年製フェラーリ 250GTOで、1963年に伝説的な公道耐久レースのツール・ド・フランスで優勝した車両だ。今回その記録を更新した車台番号4135GTの250GTOは、翌1964年に同じくツール・ド・フランスで勝利している。フランスを周る同名のレースは、現在では自転車ロード・レースとして有名だが、実は1899年に第1回目が開催された自動車によるレースの方が先。その名前は2015年に発表されたフェラーリの限定モデル「F12 TdF」にも受け継がれている。

『Fox News』が話を聞いたフェラーリの歴史研究家は、この250GTOには5年以内に1億ドル(約110億円)の値が付けられるだろうと、自信を持って語ったという。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Ferrari 250 GTO 50th Anniversary at Pebble Beach Photos


■関連記事
フェラーリ「250GTO」が、自動車史上世界最高額となる50億6800万円で売買!

フェラーリの希少なレーシングカー「250GTO」が自動車オークション史上最高額の39億円で落札!

前前オーナーは日本人! 6億7000万円で買った「250GTO」が27億円の史上最高額車に 


■関連動画