英国の自動車番組『名車再生!クラシックカー・ディーラーズ』で腕利きメカニックとして知られたエド・チャイナ氏が番組を去り、寂しく思っていたファンも多いだろう。ご存知ない方に説明すると、チャイナ氏は購入した中古車を修復し再び販売するという同番組で、様々な作業を実際にやって見せてくれた人物だ。彼の分かりやすく落ち着いたレストアは、番組が世界的に人気となった一因でもある。番組を去った後、どうしているかと我々も気になっていた彼が、新たにYouTubeでレストア番組を始めることが分かった。

「作業場でまた忙しく作業をする時がやってきた。今回は少し時間が掛かりそうだぞ」

チャイナ氏はTwitterで新番組に出演することを明らかにした。『BUILT by MANY』と呼ばれるこの番組は、『名車再生!クラシックカー・ディーラーズ』のように1回のエピソードで1台の修復を終わらせるのではなく、1台のクルマを何本ものエピソードで取り上げていく番組になると制作会社は説明する。

制作会社によれば、同シリーズは「手順を紹介する"ハウ・トゥ"映像を豊富に含むだけでなく、伝説的な自動車ブランドの歴史や、そのクルマの裏話」も盛り込むという。シリーズ配信中には視聴者の反応にも目を通し、ある時点でレストアを手伝ってもらうことも計画しているそうだ。

チャイナ氏と番組パートナーを務めるアル・コックス氏が手掛ける最初のプロジェクトは、4.2リッター直列6気筒エンジンを搭載するジャガーの1968年型「Eタイプ」クーペだ。以下の公式予告映像でご覧いただける通り、ドラムと化したEタイプは驚くほど良いサウンドを奏でる。番組初回は6月末に公開を予定している。



By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画