スバルは、「SUBARU60周年記念 オリジナル切手コレクションVol.2」を2018年6月1日~2018年7月2日までの期間限定で販売することを発表した。

スバル初となる量産車「スバル360」が1958年に誕生して以来、60年間の歴史を彩った名車たちの、オリジナル切手セット第2弾となる。

シリーズ第2弾は、1989年~2018年までの車種をラインナップ。日本におけるステーションワゴンのカテゴリーで確固たる地位を築き、フラッグシップとしてスバルをけん引してきた「レガシィ」。

さらに世界ラリー選手権で活躍した「インプレッサ」。他にも「フォレスター」や「SUBARU XV」など、過去30年間で登場した数々の名車が、オリジナル切手として登場するとのことだ。


第1弾と同様、限定デザインの82円切手×10枚の他、スバルの名車の歴史を振り返るポストカードを、専用のプレミアムホルダーに収納。

なお、ポストカードのデザインは6月下旬、ホルダーデザインは7月下旬に順次公開される予定とのこと。(画像は実際の商品と異なる場合がある)

詳細は、スバルWEBコミュニティ(略称 #スバコミ)内のオリジナル切手コレクション特設サイトにて発表される予定だ。

【商品概要】
・正式名称 SUBARU 60周年記念 オリジナル切手コレクションVol.2 1989‐2018
・販売期間 2018年6月1日(金)~2018年7月2日(月) お届けは2018年9月上旬より順次
・販売方法 オンライン販売のみ(スバル特約店での店頭販売はございません)
・セット内容
*オリジナル切手〔82円切手(シールタイプ)10枚〕×1シート
*オリジナルポストカード×20枚
*プレミアムホルダー×1個
・販売価格 3,500円(税込) 
※ 別途郵送料金が加算されます
・申込方法 オリジナル切手コレクション 特設サイトにて申し込み

画像引用:スバルWEBコミュニティ

■関連サイト
スバコミ特設サイト
https://members.subaru.jp/with/60th/stamp/