ロシアの低すぎる橋、150台目のトラックが犠牲に!
ロシアから、またしてもクルマがらみのクレージーなニュースが届いた。今回の舞台は、サンクトペテルブルク近くにある低い橋だ。TwitterユーザーのFoolsBridge氏が投稿した写真には、この橋の下にはまり込んで身動きできなくなっている箱型トラックの姿が収められている。ロシアの英字新聞『The Moscow Times』によると、犠牲になったトラックはこれで150台目になるという。


この橋には、道路との間隔が狭いことを警告するサインがいくつも設置されている。橋には横断幕が掲げられており、写真を見ると「2.7m」と書かれた標識があることも確認できる。

とはいえ、同様の事故がこれからも起こらないとは考えにくい。この橋が建設された時期は、『The Moscow Times』によれば2009年、ロシアのニュース・サイト『Pravda.Ru』(最近テスラのイーロン・マスクCEOが立ち上げ計画を表明したメディア評価サイト『Pravda』ではない)によれば2011年だという。いずれにしてもクラッシュは年平均16回以上、ことによっては約21回も起きているわけだ。つまり月1回以上は発生している計算になるから、この不名誉な記録は今年だけでもまだまだ延びる可能性がある。このままトラックの事故が続くなら、ノースカロライナ州にある有名な「缶切り橋」(クラッシュしたクルマの屋根が缶のフタのように開いてしまうことから来た通称)を凌ぐ悪名高い橋になるかもしれない。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】特設サイトまでできた「世界最強の橋」!

【ビデオ】トラックが高さ制限の標識を無視するとこうなる!

【ビデオ】荷台を上げたまま高速道路を走行していたダンプカーが歩道橋に激突する瞬間の映像!

■関連動画