日産は2018年6月1日より、電気自動車(EV)「リーフ」の国内累計販売が10万台を超えたことを記念した特別仕様車「X 10万台記念車」を発売した。

リーフは、2010年12月に、持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた世界初の量産型EVとして初代モデルを発売して以来、現在までにグローバルで累計32万5千台以上が販売された、世界で最も販売されているEVだ。

また、2017年10月にフルモデルチェンジした現行モデルは、電動パワートレインならではのシームレスでパワフルな加速、低重心を活かした軽快なハンドリングとプロパイロットやプロパイロット パーキングなどの自動運転化技術やe-Pedalなどの先進技術を合わせ持つ、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するモデルへと進化、そして、4月20日、初代からの国内累計販売台数が10万台を突破したのだ。



今回発売された特別仕様車「X 10万台記念車」は、「X」グレードをベースに、プロパイロットや踏み間違い衝突防止アシストなどの先進安全機能をはじめとした魅力的な装備を標準設定としながら、リーズナブルな370万7,640円(消費税込)となっている。


追加された装備の詳細は上記の通り。

ベースとなるXは351万3,240円(消費税込)で、S、X、Gと3種類が設定されているうちの中間グレード。約20万円のプラスで上記のような充実の装備が手に入れられるので、お買い得な設定であることは間違いない。

特に、踏み間違い衝突防止アシスト、BSW、RCTA、インテリジェントLIなど、 先進安全機能が含まれているので、Xグレードを検討している読者には「X 10万台記念車」をお勧めしたい。

なお、リーフは、国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)の対象車で、「X 10万台記念車」の補助金は40万円となっている。


■関連サイト
日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/