独立行政法人自動車事故対策機構は2018年5月31日に、平成29年度「自動車アセスメント」の結果を発表した。

自動車アセスメントは、市販車の安全性能評価試験を行い、その結果を公表することで、ユーザーが安全な自動車を選択できる環境を作り、より安全な自動車の普及を図ることを目的に、独立行政法人自動車事故対策機構が行っている試験だ。

そこで、アセスメントの結果を昨年以前の結果も含め、自動車アセスメントトップ10をランキング形式でご紹介しよう。

まず、10位から8位は以下の通り。
第10位は、総合評価184.6点 三菱「アウトランダー」 24G Safety Package(2012年)
第9位は、総合評価185.1点 マツダ「アクセラ」HYBRID-S(2014年)
第8位は、総合評価185.7点 マツダ「デミオ」13S(2014年)

そして、2017年度のアセスメント新たに、ランクインしたのは第7位、総合評価185.8点 トヨタ「C-HR」G(2017年)だ。最新のトヨタのSUVなだけに順当に上位にランクインしている。


第6位は、総合評価187.3点 マツダ 「CX-5」XD PROACTIVE(2017年)だ。

7位と比べると、1.5点差と僅差だが、主にフルラップ前面衝突試験、オフセット前面衝突試験等の成績が上回っている。

第5位は、総合評価188.2点 マツダ「CX-3」XD Touring(2015年)
第4位は、総合評価188.8点 スバル「レガシィアウトバック」(2014年)
第3位は、総合評価189.7点 トヨタ「クラウンハイブリッド アスリートS 」/「クラウン ロイヤル」(2013年)だ。

今年フルモデルチェンジするクラウンだが、現行モデルの2013年度試験結果が好成績だったため、未だ3位にランクインしている点は驚きだ。


第2位は、総合評価193.9点で、マツダ「CX-8」 XD PROACTIVE (2017年)だ。

CX-8(画像下段)は、CX-5をストレッチしたわけではないと以前ご紹介したが、CX-8の方が、6.6点上回っている点からもその進化がわかる。

CX-5とCX-8のフロントセクションは、ほぼ同じに見えるが、CX-8には、 一定速度の範囲内で走行中に一定以上の衝撃を感知すると、ボンネット後部を瞬時に持ち上げてエンジンとの間にスペースを確保し、歩行者の頭部への衝撃を緩和させることが出来るアクティブボンネットが全車標準装備になっている点が大きな違いだ。また、その他、乗員保護性能評価もわずかにCX-8の方が改善されているようだ。


第1位は、総合評価199.7点 スバル「インプレッサ」/「XV」2.0i-L EyeSight(2016年)だ。

2016年度のアセスメントながら、1位をキープしている。2位と比べて良いのが、PSBR試験と歩行者保護性能試験だ。

PSBR試験は、 シートベルトリマインダーの評価試験だ。シートベルトリマインダーは、乗員がシートベルトを装着していない時に、その旨を運転者等に知らせる装置であり、運転者以外の乗員のシートベルトの着用率の向上を図ることにより、死傷者数の低減を図ることを目的としたもの。

歩行者保護性能については、歩行者保護エアバッグが標準装備されている点が大きい。シートベルトリマインダーは、比較的容易に装着できる装備だが、歩行者保護エアバッグは、日本車ではインプレッサ/XVのみの装備となっている。

今後登場するフォレスターにも同様に歩行者保護エアバッグが標準装備されるということなので、他社で歩行者保護エアバッグ採用モデルが登場しない限り、当面上位はスバル車が占めそうだ。

画像引用:NASVA

■関連サイト
NASVA公式サイト
http://www.nasva.go.jp/mamoru/index.html

歩行者保護エアバッグ


自動車アセスメント:スバルインプレッサ:フルラップ前面衝突試験