ブガッティ、通算100台目の「シロン」を生産したと発表! オプション込み価格は約3億5,900万円
ブガッティが通算100台目となる「シロン」の生産を完了したと発表しました。

2016年末からフランス・アルザス地方モルスハイムにあるブガッティ本社の"アトリエ"でハンドメイドされているシロンは、最高出力1,500馬力、車両価格3億円以上という現代最高峰のスーパーカー。その記念すべき100台目は、アラビア半島に住むオーナーから注文された車両だそうで、ボディはカーボンファイバーの素材が透けて見えるダークブルー、しかもシロン初のマット(ツヤなし)フィニッシュが施されています。これにコントラストを効かせたサイドの"Cライン"はイタリアンレッド、ホイールはミンクブラックで塗られ、ウィンドウ越しに見えるフルレザー仕上げのインテリアは赤を基調にしているようです。ブガッティによれば、内外装の仕様に拘ったこの特別なシロンの価格は約285万ユーロ(約3億5,900万円)だとか。約45万ユーロ(約5,700万円)分のオプション費用が追加されている計算です。

ブガッティ・オートモビルズのステファン・ヴィンケルマン社長は、このシロンを注文したオーナーを祝福し、「通算100台目のシロンは、ダイナミックさとエレガントさを兼備した特別に美しい車だと思います。ブガッティが比類なきクラフトマンシップを活かし、高度にインディビジュアライズされた芸術作品を生み出していることを証明しています」と述べました。

全部で500台が限定生産される予定のシロンは、現在も非常に多くのバックオーダーを抱えているそうで、年間約70台の車輌が世界中のオーナーのもとへ届けられています。


■関連記事
ブガッティ、1,500馬力の新型スーパーカー「シロン」を発表(ビデオ付)

ブガッティが「シロン」をリコール 納車済みの全車両に技術者を派遣して確認

最高速度420km/hを誇るブガッティ「シロン」の燃費を、米国環境保護庁が発表