死亡事故を起こしたUberの自動運転車、歩行者検知から衝突まで6秒あったのに自動緊急ブレーキが無効にされていたことが明らかに!

【抄訳】
Uberの自動運転車が三月に起こした死亡事故に関する、国の交通安全委員会(National Transportation Safety Board, NTSB)の最初の報告書が、車は衝突の6秒も前に歩行者を検出していたが、緊急ブレーキシステムが意図的に無効にされていたため、減速も停止もしなかったことを、確認している。


UberはNTSBにこう述べている: "緊急ブレーキ操作は、その車両がコンピューターのコントロール下にある間は有効になっていない。それは、車両の不安定な動きを未然に防止するためである"。言い換えると、強引にスムーズな走行を確保するためだ。

"介入して行動することは車両の運転者に任されていた。システムは運転者に警報するよう設計されていなかった"。運用時に無効にするのなら、なぜそんな緊急ブレーキ機能がそもそも存在するのだろう?

そのVolvoが内蔵している安全システム、たとえば衝突回避や緊急ブレーキ機能も、自動運転モードでは不能にされていた。

【後略】

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

※こちらはTechCrunchの許可を得て掲載したものです。