フォルクスワーゲン「T-Roc」の高性能モデルと思しきテスト車両が路上に出現! 「T-Roc GTI」または「T-Roc R」か!?
Related Gallery:2019 Volkswagen T-Roc GTI/R

フォルクスワーゲン(VW)の新型クロスオーバーは「アトラス」と「ティグアン」だけではない。欧州では(少なくともVWが言うには)スタイリッシュで力強いデザインに2トーンのカラーリングも選べるコンパクトな「T-Rock」が既に販売中だ。VWはそのカブリオレ・バージョンも準備していることを明らかにしているが、さらにそのパフォーマンス・モデルと思しき車両が欧州の路上で目撃された。おそらく「T-Roc GTI」または「T-Roc R」と名付けられ、市場に導入されるのではないだろうか。

ただし、このプロトタイプの写真から分かることはあまりない。ボディは基本的に標準モデルのT-Rocとほとんど同じで、明らかに違う点といえばフロント部分にフォグライトが装備されていないことくらいだろう。だが、後ろを見れば他のT-Rocにはなかった4本出しのデュアル・エキゾーストが装備されており、ボンネットの下にも別のエンジンが搭載されていることを示唆する。テールゲートに貼られた"4MOTION"のバッジがフェイクでなければ、強化された排気系を持つこのエンジンは4輪駆動になるはずだ。


ところで、今回プロトタイプが姿を現したこのT-Rocの高性能バージョンには、どんなエンジンが搭載されるのだろうか? T-RocはMQBプラットフォームを採用しているため、多くの可能性が考えられる。現在販売されているT-Rocの最上級仕様には、最高出力190psを発生する2.0リッター直列4気筒ガソリン・エンジンが搭載されており、代わりに同じ排気量ながら230psを引き出す「ゴルフ GTI」や、あるいは310psを発揮する「ゴルフ R」のエンジンが搭載される可能性は十分に考えられる。そうすれば、きっと魅力的なクルマになるだろう。そこまでパワフルな小型クロスオーバーは現在、市場にほとんどライバルが存在しないのだ。

あとはいつ、日本や米国でも販売が開始されるのか、ということだ。あらゆる自動車メーカーが次々と参入しているコンパクト・クロスオーバーのセグメントでも、T-Rocはその楽しいデザインで人気を得られるだろう。無難なティグアンに失望している人々の期待にも応えられるはずだ。さらにハイパワーで運転が楽しいバージョンが出るのであれば、我々エンスージアストは間違いなく、新しいクロスオーバーの参入を喜んで迎え入れるだろう。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Volkswagen T-Roc GTI/R


■関連記事
【フォト&ビデオ】フォルクスワーゲン、コンパクトな新型クロスオーバー「T-Roc」を発表!

■関連動画