【ビデオ】最近流行の「水なし洗車」、ボディに傷をつけずに行うコツをプロが伝授! 
世界中で水の大切さを見直し、浪費を抑えようという動きが高まりつつあることから、最近では水を使わずに洗車することが人気となっている。しかし、これは適切な方法でやらないと、愛車の塗装面にキズをつけてしまいかねない。クルマをキレイするコツをその道のプロが伝授するビデオ・シリーズ『Autoblog Details』から、今回は水を極力使わずに、そしてボディにキズをつけず安全に洗車する方法をご紹介しよう。


今回の作業に必要な道具はこちら

・20リットルのバケツとグリッドガード
・水(約4リットルほど)
・マイクロファイバータオル数枚
・スプレーワックス
・水なし洗車剤


最初にボディを触って塗装面が冷えていることを確認。水を少量しか使わないので、日光に当たってボディが熱くなっていると、あっという間に洗浄液が蒸発してしまうからだ。水分が蒸発してしまったら、タオルでボディをこすると滑りにくくキズがつきやすくなる。


今回の洗車方法では、あらかじめ汲んでおいたバケツ一杯分の水だけを使用する。


マイクロファイバータオルは300〜350GSM(1平方メートル当たり300〜350g)の物を使おう。生地が薄すぎても厚すぎても適さない。汚れたらすぐに取り替えるので、クルマ1台を洗うのに少なくとも6枚程度は必要だ。そして水を使わない洗車用洗剤を用意する。



まず、水に浸したタオルをクルマの上で絞ることによって、水のしずくをボディの側面に垂らす。


そしてすぐに、水なし洗車剤を濡れた面にスプレーする。最小限の水を使って洗剤と混ぜ合わせ、できる限り滑りをよくして、キズがつかないようにするわけだ。


洗剤と水が混ざった液体で汚れが浮いたら、濡らしたタオルであまり力を入れず、真っ直ぐに拭いていく。これをボディの上から下に向けて何度も繰り返す。



タオルが汚れたら折り返し、常にきれいな面を使うこと。全部の面が汚れたら別のタオルと取り替えよう。



クルマのボディは下の方がひどく汚れているはず。砂粒なども付着しているので、キズをつけないようにするためには、より潤滑が必要だ。バケツに残った水をかけ、水なし洗車剤もたっぷりスプレーして、きれいな濡らしたタオルで拭くようにしよう。


キズをつけることなく汚れを落とすことができたら、すぐにスプレーワックスを使って塗装面を保護しながら、今度はきれいな乾いたタオルで磨いてツヤを出す。


水なし洗車が必要な状況も確かにあるし、貴重な水の消費を控えることの大切さは理解できる。しかし、場合によっては汚れたまま何日か放置し、それから通常の水を使った洗車を行う方が、結局は時間もかからないし、キズをつける危険も少なくて済む。どちらの方法を採るか、クルマを愛するオーナーなら悩むところだ。


今回ご紹介した方法はホイールにも使えるが、ブレーキダストの粒子は砂埃より大きくて硬いので、ボディよりも潤滑に注意し、多くのタオルを使うことが必要だ。そしてホイールの掃除に使ったタオルでボディを拭くことは絶対にしないこと。


クルマ磨きのプロ、ラリー・コシラが愛車をキレイにするコツを教える『Autoblog Details』。次回もお楽しみに。

※動画で日本語字幕が表示されない場合は「CC」をクリック



■関連記事
【ビデオ】間違ったやり方で愛車にキズを付けないために! 簡単で正しい洗車の方法をプロが伝授!

【ビデオ】間違った知識でボディにキズを付けないために! 洗車後に残った水分を取り除くオススメの方法をプロが伝授!

【ビデオ】ピカピカなホイールで魅力アップ! 簡単だけどプロ級に美しくなるホイールの掃除の仕方