Honda Reveals Civic Type R Pickup Truck concept
Related Gallery:Honda Civic Type R Pickup Truck Concept

ホンダの「シビック ハッチバック」を生産する英国スウィンドン工場のプロダクト・エンジニアリング・チームが、「シビック TYPE R」をベースに独自のハイ・パフォーマンスなピックアップ・トラック・コンセプト(コードネーム Project P)を製作した。これが(期待通り)実におかしなクルマなのだ。ルーフのBピラーから後方は、ピックアップ・トラックの荷台を造るために切り落とされ、その荷台はダイアモンド・パターンのスチールで覆われている。エンジニアリングたちはオリジナルのボディの曲線を残し、これに合わせて荷台の両サイド上部を成形した。

Honda Reveals Civic Type R Pickup Truck concept
そしてなんと、TYPE Rの特徴的な大型リア・ウイングは、テールゲートの上部に残されたままだ。面白いことに、一般的なピックアップのようにテールゲートを下げて荷台を開けるのではなく、セダンのトランクのように上に開く構造になっている。荷台にはスポーツバーも装備されており、ピックアップ・トラックのオーナーがやるように、そこに補助ライトが装着されている。荷台は写真のように、電動工具やテールゲート・パーティ用の道具を動かすホンダ製発電機を積んだり、ホンダ製芝刈り機を運ぶのにも使えるだろう。

Honda Reveals Civic Type R Pickup Truck concept
ホンダUKによれば、このピックアップ・トラックはハッチバック TYPE Rの全性能を受け継いでいるそうで、ボンネットの下には最高出力320psを発揮する2.0リッター直列4気筒ターボ・エンジンを搭載し、0-100km/hを6秒以下で加速、最高速度は165mph(約265.5km/h)を超えるという。エンジニア・チームは、このクルマをニュルブルクリンクに持ち込んで、前輪駆動ピックアップによる最速記録達成を狙うことも検討しているという。これに対しては「ぜひやるべきだ! 今すぐに! というか、なんでまだやってなかったんだ?」と言っておこう。

シビック TYPE R ピックアップ・トラックは最高に魅力的だが、ディーラーで「リッジライン」の横に並ぶことは当面ないだろう。ホンダは、このピックアップ・トラックを量産する予定のないワンオフ・モデルだと明言している。米国版Autoblog編集部で審美眼を自負するある人物は、2台目が造られないと知って安心しているが、別の編集者で少なくとも1人は、こんな小型でスポーティなピックアップ・トラックが今すぐ欲しいと言っている。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Honda Civic Type R Pickup Truck Concept


■関連記事
ジェンソン・バトン率いるチームが、ホンダ「シビック TYPE R」で欧州各地のサーキットに挑む!

【短評】ホンダ「シビック TYPE R」に米国版Autoblog編集者が試乗!「トルクステアは無く、乗り心地も快適」

ホンダ、「シビック TYPE R」にさらなるバリエーションの追加を計画中!

■関連動画