フェラーリ、特別な顧客のために製作された最新ワンオフ・モデル「SP38」を公開!
Related Gallery:Ferrari SP38

フェラーリが「SP38」と呼ばれる最新のワンオフ・モデルを公開した。"レースへの情熱"を抱く"フェラーリの特別な顧客"のために作られたというこのモデルは、公道でもサーキットでも運転できる。シャシーとパワートレインは「488GTB」から流用しているが、そのツインターボ、ツインインタークーラーというセットアップは、開発チームに名車「F40」とのつながりを着想させたという。

完全に作り変えられたボディは、新たに開発したという3層のメタリック・レッドで塗装され、リアエンドに一体化されたスポイラーや、スリットが開けられたエンジン・カバーなど、F40から様々な要素が引用されている。488GTBと比べると、リア・ホイール上部に視覚的なマスを集中させ、そこからシャープに伸びたフロントエンドでウェッジ・シェイプ(くさび形)を強調。真上から見ると筋肉質なフロント・フェンダーから先端を絞ったフロント・ノーズで、クルマの潜在能力と敏捷性を表現したとフェラーリは言う。

Ferrari One Off SP38
リア・ウィンドウを排除した代わりにその位置を占めるカーボンファイバー製のエンジン・カバーは跳ね上げ式で、横方向に開けられた3連のルーバーがエンジンの熱を吐き出す。リア・スポイラーの支柱は、ウイングと下部のディフューザーをシームレスにつなぎ、車体後部を囲む「挑発的な」フレームを形作っているとフェラーリは説明する。

フロントはヘッドライトを可能な限り薄い形状にデザインし、デイタイム・ランニングライトは細身のバンパーリップに移設。「308GTB」を思わせるスタイルになっている。

横から見ると、488GTBの特徴的なエア・スクープは完全に隠されているが、これはフェラーリによれば、リアのボリュームをドラマチックに強調する効果があるという。インタークーラーに導くエアフローはサイド・ウィンドウの下に確保されている。

Ferrari One Off SP38
SP38のパワーユニットについて詳しく述べられてはいないが、おそらく488GTBと共通の最高出力670psと最大トルク760Nmを発生する3.9リッターV8ツインターボ・エンジンが搭載されているのだろう。

フェラーリのテストコースがあるイタリア・フィオラーノで発表されたSP38は、5月26日にイタリアのコモ湖畔で開催される「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で一般公開される。オーナーが支払う価格については(当然ながら)明らかにされていない。


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Ferrari SP38


■関連記事
エリック・クラプトンが特別注文した、世界に1台のフェラーリ「SP12 EC」が正式公開!

フェラーリが、ある顧客の注文で製作したワンオフ・モデル「F12 TRS」を公開!

【レポート】フェラーリのワンオフ・モデル「F12 SP アメリカ」をキャッチ!

■関連動画