BMW、香取慎吾さんによる特別なラッピングが施された「 X2」を六本木アートナイト2018にて展示中!
Related Gallery:BMW X2 by Shingo Katori

BMWのブランド・フレンドに就任した香取慎吾さんよる特別なラッピングが施された「BMW X2」が、5月26日(土)10時~5月27日(日)18時まで東京都の六本木地区で開催される「六本木アートナイト2018」にて公開されています。

BMW X2は今年4月に発売されたクーペ風スタイルが特徴のコンパクト・クロスオーバー。BMWでは「SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」と呼んでいます。1.5リッター直列3気筒ターボが前輪を駆動する「BMW X2 sDrive18i」と、2.0リッター直列4気筒ターボを搭載する4輪駆動の「BMW X2 xDrive20i」がラインアップされ、さらに両モデルとも、エクストリーム・スポーツからインスピレーションを受けたという内外装を加えた「M Sport X」が設定されています。価格は436万から515万円。

香取慎吾さんは、タレント活動だけでなく、表現者としてアートやデザインなど様々な分野において挑戦し続けており、その姿勢が新型BMW X2の掲げる「UNFOLLOW」(常識や周囲の評価起点ではなく、自分の道はいつも自分で切り開く)というコンセプトを体現していることから、目指す姿や世界観が一致するとして、2018年4月にBMWのブランド・フレンドに就任しました。5月14日には香取さんが出演する新型BMW X2のスペシャル・コンセプト・ムービー「UNFOLLOW~THE ALL-NEW BMW X2 meets Shingo Katori~」が、BMW公式Youtubeおよび新型BMW X2スペシャル・サイトにて公開されています。


香取さんはX2に施した今回のラッピングについて、次のようにコメントしています。

「今回は"UNFOLLOW"がテーマでしたが、X2という車はゴールドがコミュニケーションカラーですので、ゴールドを所々に取り入れながらUNFOLLOWを表現しました。

締め切りもあったので夜を徹して創作しましたが、多くの皆様に見ていただくアート制作だったので、皆様を想いながら一生懸命描きました。また、六本木は私のとても好きな街ですし、六本木アートナイトも大好きなので、そんな大好きな場所で展示していただけることがとても光栄です。アートナイトの会場で、多くの皆さまにご覧頂けることを、楽しみにしております。」

香取慎吾さんによるラッピングが施されたこのBMW X2は、BMWがスポンサーしている六本木アートナイト2018のイベント期間中に、六本木ヒルズ66プラザで公開されています。お近くの方は是非、この週末にご覧になってはいかがでしょうか。

Related Gallery:BMW X2 by Shingo Katori


香取慎吾
1977年1月31日生まれ。神奈川県横浜市出身。
1991年CDデビュー。
2017年9月22日オフィシャルファンサイト「新しい地図」を立ち上げる。

ギャラクシー賞、ドラマアカデミー賞、橋田壽賀子賞等の受賞歴があるほか、2017年には「GQ MEN OF THE YEAR」にて、インスピレーション賞を受賞。SNS上でも人気を博しており、インスタグラム始動3日でフォロワー数が14万人を突破し、現在では147万人に達する。2017年最もフォロワーの伸び率が著名人として「#MVI(Most Valuable Instagrammer in Japan)2017」を受賞した。俳優・歌手の他、アーティストとしても活動を行うなど、活動範囲は多岐に渡る。独自性や多様性を兼ね備えたアートに、多くの作家やアーティスト・著名人が注目を集める。


六本木アートナイト2018
名称:六本木アートナイト2018
日時:2018年5月26日(土)10:00~5月27日(日)18:00 (1夜2日開催)
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、その他六本木地区の協力施設
入場料:無料(但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
サイト:http://www.roppongiartnight.com/2018/

『六本木アートナイト』は六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴である。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品を点在させて、非日常的な体験を作り出す。そして、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルを提案している。また、アートと街が一体化することによって、六本木の文化的なイメージを向上させ、東京という大都市における街づくりの先駆的なモデルを創出している。東京を代表するアートの祭典として、さらなる発展を続ける予定である。


■関連リンク
BMW X2 スペシャル・サイト
https://bmw-newx2.jp