カモフラなしでテストするアウディの次期型「S8」をニュルブルクリンクで目撃!
Related Gallery:2019 Audi S8 prototype

アウディのフラッグシップ・セダン「A8」の高性能版である「S8」の次期型モデルが、全くカモフラージュなしの状態でニュルブルクリンクをテスト走行している姿が目撃された。その写真を見ると、生産開始も間近であることが分かる。A8と比べると外観上の違いはわずかだが、フルサイズ・アウディの高性能モデルであることを表す視覚的特徴がいくつか確認できる。

フロント周りでは、グリルの下部周辺にスロットが開けられ、バンパーに付くリップはわずかに深くアグレッシブになっている。形状が変わったバンパーは、両脇に追加されたワイドなサイドスカートと調和している。


だが、A8から見た目が最も大きく変わったのはリアだ。バンパーはサイドスカートに合うよう拡張されており、下部にはディフューザーが備わる。標準のA8に見られるバンパーと一体型のエキゾースト・テールパイプは姿を消し、替わって高性能アウディの特徴となる4本出しの楕円型テールパイプが与えられた。リア・バンパーにも、ちょっと「R8」を思わせる小さなグリルが追加されている。

新型S8は年内に正式発表されるものと思われる。最近の噂によれば、エンジンはポルシェ「パナメーラ」と同じ新しい4.0リッターV8ツインターボを採用し、最高出力は530ps程度になるようだ。また、遅れて「パナメーラ ターボ S E ハイブリッド」のハイブリッド・パワートレインを630psほどにデチューンして搭載する可能性も言及されている。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
アウディの次期型「S8」は、ポルシェ「パナメーラ ターボ」と同じエンジンを搭載して年内に登場

アウディ、人工知能による高度な自動運転機能を搭載した新型「A8」を発表!

アウディ、新型「A8」が最後の12気筒エンジン搭載車に V10エンジンも近々廃止

■関連動画