メルセデスAMG、直列6気筒ターボ+マイルド・ハイブリッドを搭載する「E 53」にセダンを追加
Related Gallery:2019 Mercedes-AMG E53 sedan

直列6気筒エンジンを搭載するミッドサイズのメルセデスAMGのラインアップに、これまで欠けていた最後の1台が追加された。「CLS 53」や「E 53」クーペおよびカブリオレと共通の最高出力435psと最大トルク520Nmを発揮する3.0リッター直列6気筒ターボを搭載した「メルセデスAMG E 53 セダン」だ。既に発表済みの「53」モデルと同様、48ボルトのバッテリーにつながったスターター/オルタネーターが16kW(約22ps)の出力と250Nmのトルクを発生して一時的にエンジンをアシストするマイルド・ハイブリッドと、インテークマニホールド内に設置されたターボラグを軽減する小型の電動コンプレッサーが特徴だ。

このパワーが9速オートマチック・トランスミッションを介して4輪を駆動する。ドライブトレインはこの一種類のみで、2輪駆動やマニュアル・トランスミッションの設定はない。0-60mph(約96.6km/h)加速はクーペ より0.1秒遅く、カブリオレと同じ4.4秒。同じ4ドアながらクーペ風のスタイルを持つCLS 53も同タイムだ。スポーツ・チューンされたエアサスペンションと、前後とも360mmの大径ディスクを備えるAMGスポーツ・ブレーキが、この性能を足元から支える。

外観も2ドアのE 53から特徴を受け継いでいる。例えば2つの膨らみがあるボンネット、リア・バンパー下部に備わるアグレッシブなデザインのディフューザー、その両側に2本ずつ配置されたエキゾースト・テールパイプなどだ。インテリアは通常の「Eクラス」とそれほど違いはないが、12時の位置に赤いマーキングが入ったAMGパフォーマンス・ステアリング・ホイールが目を引く。AMGパフォーマンス・シートやカーボンファイバーのトリムはオプションで追加できる。

米国では、E 53 クーペやカブリオレ、E 53 CLS と同じく2019年モデルとして今年後半に発売される予定だが、価格はいずれもまだ発表されていない。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【北米国際オートショー2018】直列6気筒ターボと48V電装システムを搭載したメルセデスAMG「53」シリーズが登場!

■関連動画