【ビデオ】リブート版『私立探偵マグナム』の予告編が公開! トム・セレックの偽物とフェラーリの偽物が登場
待ってくれ、これが新しい『私立探偵マグナム』のマグナムだというのか? 本当に? 口髭やアロハシャツが必要だという意味ではない。半ズボンだって別に履かなくてもいい。だが、この『Magnum P.I.』(原題)の予告編を見た限り、新しくマグナム役を演じるジェイ・ヘルナンデスが、かつてのトム・セレックに引けを取らないほどのカリスマ性と魅力があると感じられる場面はどこにもない。いや、そもそも元のマグナムに対抗することなど不可能だろう。トム・セレックは、トム・セレックなのだから。でも、クリス・パインはウィリアム・シャトナーを真似ることなく『スター・トレック』のカーク船長の虚勢を見事に表現したから、それに近い形なら可能かもしれない。

ところで、この予告編には赤いフェラーリが登場している。「458スパイダー」が銃弾を浴び、さらにトラックに潰されているのだ。もちろん、探偵のような鋭い観察眼を持つ同僚のJeremy Korzeniewski記者は瞬時に本物のフェラーリではないと見抜いた。一瞬映ったインテリアの丸い計器パネルと、10時と2時の位置にある奇妙な形状のエアコン送風口から考えて、実体はおそらくゼネラルモーターズの「Fボディ」だろうとのことだ。つまり、フェラーリもニセモノということになる。

一方、新しいマグナムは、かつてのマグナムの愛車、フェラーリ「308GTS」も運転している。それも破壊されてしまうのだが(ネタバレが過ぎていたらご容赦を)、壊れる場面は完全にCGだから、308GTSは多くの場面で本物を使っていると思われる。ハワイも実際にロケをしているのだろう。

何はともあれ、『私立探偵マグナム』のリブートとなる注目の新ドラマ『Magnum P.I.』は、米国では今年の秋からCBSで放映開始となる。下にトム・セレックが演じるオリジナル版マグナムの映像も並べてみたので、比べて見てほしい。




By James Riswick
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】懐かしのドラマ『私立探偵マグナム』に登場したフェラーリ「308」!

米国の人気ドラマ『私立探偵マグナム』で主人公が乗った1984年型フェラーリ「308GTS QV」がオークションに出品

【ビデオ】美人レポーターが「458スパイダー」に試乗 「涙がでそう」の感想のワケとは?

■関連動画