ホットウィール誕生50周年を記念して、1968年に発売された最初の製品から5車種の復刻モデルが登場!
Related Gallery:50th Anniversary Hot Wheels Cars

今年はマテル社のミニカー「ホットウィール」の誕生50周年にあたり、様々なかたちで記念の企画が行われている。例えば、レーシングストライプが施されたオレンジ色の「カマロ」の「ホットウィール50thアニバーサル・エディション」や、全米各地を巡るツアーで新たなホットウィール・カーとして再現される特別な1台を選出するためのイベントなどだ。だが、新車のカマロを購入する余裕がなかったり、ツアーに参加できないという方でも、もっと手頃な方法でホットウィールの50周年を祝うことができる。

マテル社は、1968年に発売された最初のホットウィールの中から、ホットウィール・ブランドの上級副社長兼ゼネラル・マネージャーを務めるクリス・ダウン氏が「ファンの人気モデル」と称す5車種を復刻させた。1967年型シボレー「カマロ」、1967年型フォード「カスタム マスタング」、1968年型マーキュリー「クーガー」、1967年型フォード「ヘミ バラクーダ」、フォルクスワーゲン「ビートル」だ。これらのモデルはダイキャスト合金製で、初期モデル特有の「スペクトラフレーム」と呼ばれるメタリックのキャンディーカラーで塗装され、レッドライン・タイヤを装着。そして、オリジナル版と同様のパッケージに入っている。つまり、オリジナル版と同じように「コレクターズボタン」が付いてくるということだ。

販売価格は1台5.49ドル(約600円)。通常のラインアップよりも高めだが、これらのスペシャル・モデルには特典がある。特別ボーナスとして、今回の復刻モデルの中の1台に前述のカマロのホットウィール50thアニバーサリー・エディションが当たるコードが印字されているのだ。当選コードが皮肉にもマスタングのパッケージに印字されていることを我々は密かに願っている。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:50th Anniversary Hot Wheels Cars


■関連動画