一週間の始まり、5月21日月曜日です。今日は、チャールズ・リンドバーグが1927年にスピリット・オブ・セントルイス号に乗って、ニューヨーク-パリ間を飛行し、大西洋単独無着陸飛行を達成した日です。約33時間30分かけての飛行だったので、食事とかトイレとか、睡眠......は流石にしなかったと思いますが、その辺り気になってしまいました。自伝「The Spirit of St. Louis」には書かれているのでしょうかね。リンドバーグというと「翼よ、あれがパリの灯だ」という言葉が思い浮かぶかもしれませんが、これは自伝の和訳タイトルで、実際には言っていないだろうとのこと。まぁ、ホントかどうかは一人で飛んでいたんですから、本人しかわからないことですがね。

ということで、今週も過去記事を振り返っていきましょう。

2017年
イーロン・マスクの地下トンネル輸送システム試験走行。完成すれば車で30分の距離を5分に短縮
タカタ製エアバッグ集団訴訟、トヨタ・BMW・マツダ・SUBARUの4社が約615億円で和解
フォルクスワーゲンの最小コンパクトカー「up!」に高性能な「GTI」が登場

Related Gallery:Volkswagen Up! GTI


2016年
テスラ「モデル3」の予約台数、報道されていた40万台より実は少なかったことが判明
ボルボ、洗練された将来のコンパクトカーを提示する2台のコンセプトカーを発表
フォルクスワーゲン、個性的な限定モデル「ザ・ビートル・デューン」を日本初公開

Related Gallery:Tesla Model 3

Related Gallery:Volvo Concept 40.1

Related Gallery:Volvo Concept 40.2

Related Gallery:Volvo CMA Platform

Related Gallery:Volkswagen The Beetle Dune


2015年
新型「マツダ ロードスター」ついに発売! 発表会場からレポート
インディ500のプラクティスで、続けて3名のドライバーが大クラッシュ
絶品の仕上がり!! マツダチーフエンジニア監修の「CX-3」ミニカー発売開始!!

Related Gallery:Mazda Roadster

Related Gallery:MAZDA ROADSTER

Related Gallery:Mazda CX-3 Minicar


2014年
【訃報】元F1王者のジャック・ブラバム氏が88歳で永眠
『グランツーリスモ6』に、アイルトン・セナがドライブしたマシンが追加
テスラCEOが「ロータスのシャシーなんか使わなければよかった」と発言

Related Gallery:Elon Musk teases Tesla Roadster update


過去記事で気になったのが、2015年に4代目「マツダ・ロードスター」が発売されたことですね。筆者的には1989年に発売された初代「ユーノス・ロードスター」が、やはりいちばん印象に残っていて、当時はよく採用されていたリトラクタブル・ヘッドライトと、曲面を活かしたフォルムは、デザイン性の高さを強く感じました。2シーターで「彼女を乗せてドライブするためのクルマ」が主要目的だったかもしれませんが、長く愛されたモデルでした。この4代目の登場は、「SKYACTIV TECHNOLOGY」とマツダ全体のデザインテーマである「魂動」を採用したもので、コンセプトは「人生を楽しもう」。筆者も子供が巣立ったらこういうクルマに乗りたいですね。

あと気になったのが、2017年のイーロン・マスクが地下トンネル輸送システムの試験走行した記事。イーロン・マスクは、さまざまな話題を振りまいていますが、超個人的な理由から実際に実現へ向けて実験まで行ってしまう、そのパワーはほんとすごいと思います。

では、今週もAutoblogをよろしくお願いいたします!