5月20日、日曜日です。本日は「電気自動車の日」ということで、1917年に日本電池(現ジーエス・ユアサ コーポレーション)の創業者のひとり、島津源蔵氏がアメリカから電気自動車「デトロイト号」を輸入。それを2009年に復活させたのがこの日だったことから、記念日に制定したそうです。デトロイト号の復活プロジェクトはジーエス・ユアサのサイトで語られているのでそちらをご覧ください。

では、お休みの日でも過去記事を振り返ってみますよ。

2017年
シボレー、新型「カマロ ZL1」をさらにハードコアにする「1LE」パッケージの価格を発表
また新たな電動スーパーカー「Elextra」がスイスから登場(予定)
ジープ、「ラングラー」のMOPAR パッケージをフランスで展示 アメリカンな魅力を欧州でアピール

Related Gallery:2018 Chevrolet Camaro ZL1 1LE

Related Gallery:Elextra Electric Supercar

Related Gallery:Jeep Mopar One Package


2016年
有名プロスキーヤーがランボルギーニ「ムルシエラゴ」で雪上を疾走
ケーニグセグ「アゲーラ One:1」、最速タイム更新を目指してニュルブルクリンク北コースを走行中
BMW、よりパワフルになった「230i」と「M240i」を発表

Related Gallery:2014 Cadillac ELR Review

Related Gallery:Wald International Toyota Prius


2015年
600馬力にパワーアップ! BMWが「M6」の新たな「コンペティション・パッケージ」 を発表
メルセデス・ベンツ、Apple Watch向けのアプリを発表

Related Gallery:2016 BMW M6 Competition Package

Related Gallery:MB Companion App for Apple Watch


2014年
見事なまでにつぶれる! 日産「ZEOD RC」のクラッシュテスト
マツダ、ソウルレッドに塗られた「ロードスター」の25周年記念モデルを国内25台限定で発売!

Related Gallery:Nissan ZEOD RC

Related Gallery:Mazda Roadster 25th Anniversary Edition


今日気になった過去記事は、ランボルギーニ「ムルシエラゴ LP640」を3年がかりで改造して、雪山を疾走する映像。V12エンジンサウンドを鳴り響かせながら、スキー場をかっ飛んでいく姿は、まさにクレイジーです。スキーのポールをチョンと当てて倒しながらのS字走行も必見。雪面でのドーナツターンも披露してくれます。

あと気になったのが、電動スーパーカー「Elextra」がスイスから登場の記事。0-100km/hが2.3秒、最高出力は680hp。ただし最高速度は250km/hに抑えられるという。100km/hで巡航すれば約600kmは走れるそうです。調べてみたところ、2019年の発売予定で、150台ほど生産するとのこと。製造はドイツで行われるようです。いったいおいくら万円なんでしょうか?

それでは、良い日曜日をお過ごしください。