ローマ法王のランボルギーニ「ウラカン」、チャリティ・オークションに出品され約9,400万円で落札!
Related Gallery:Pope Francis Lamborghini Huracan

昨年11月、ランボルギーニはローマ法王フランシスに特別仕様の「ウラカン RWD クーペ 」寄贈した。ローマ法王は予想どおり、このバチカン市国の国旗の色を反映したホワイトとゴールドで仕上げられた同車をチャリティ・オークションに出品すると発表。同車は5月12日にモナコで開催されたRMサザビーズ主催のオークションに登場し、71万5,000ユーロ(約9,400万円)という高値で落札された。


ウラカンの標準価格が2,500万円程度であることを考えれば、今回の落札価格は相当な高額と言える。もちろん、通常のウラカンは、ローマ法王のような高名な方が前オーナーなわけではない。さらにローマ法王はこの特別仕様車にサインし、祝福を授けている。


今回のオークションによる収益は、イラクのニネベ平原の町を再建する団体、虐待や人身売買の被害にあった女性たちを支援する団体、そして中央アフリカの女性や子供たちを支援する2つの団体に寄付されるという。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Pope Francis Lamborghini Huracan


■関連記事
ランボルギーニ、特別な「ウラカン」をローマ法王に寄贈

ランボルギーニ、2台目となるパトカー仕様の「ウラカン」をイタリア警察に納車!

ロンドンの警官が、ランボルギーニ「ウラカン」を不当に押収し乗り回していた事が発覚

■関連動画