「メルセデスAMG GT ロードスター」のラインアップに、全てにおいて中間に位置する「 S」が新登場! 
Related Gallery:2018 Mercedes-AMG GT S Roadster

メルセデスAMG GT」のラインアップでは、ほとんどのボディ・タイプに3種類以上の性能の異なるバージョンが設定されている。クーペには「GT」「GT S」「GT C」「GT R」があり、4ドアは「GT 53」「GT 63」「GT 63 S」から選べる。しかし開閉式ソフトトップを備えるロードスターは例外で、これまで「GT」と「GT C」しかなかった。だが、その間を埋める「GT S ロードスター」が間もなく発売になる。

Mercedes-AMG GT S Roadster (Kraftstoffverbrauch kombiniert: 11,5 l/100 km; CO2-Emissionen kombiniert: 262 g/km); Exterieur: AMG solarbeam, AMG Carbon Paket Exterieur; Interieur: AMG Performance Sitze in Leder Exklusiv Nappa/Mikrofaser DINAMICA schwarz mit Kontrastziernaht gelb;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 11,5 l/100 km, CO2-Emissionen kombiniert: 262 g/km*  Mercedes-AMG GT S Roadster (fuel comsumption, combined: 11.5 l/100 km; combined CO2 emissions: 262 g/km); exterior: AMG solarbeam, AMG Exterior Carbon Package; interior: AMG Performance seats in Exclusive nappa leather/DINAMICA microfibre in black with yellow contrasting topstitching;Fuel consumption combined: 11.5 l/100 km, Combined CO2 emissions: 262 g/km*
GT S ロードスターが搭載する4.0リッターV8直噴ツインターボ・エンジンの最高出力は、GTより46ps高く、GT Cより35ps低い522psに設定されているが、最大トルク670Nmは、GTより40Nm大きく、GT Cより10Nm落ちるだけだ。トランスミッションは他の2車と共通の7速デュアルクラッチ式「AMG スピードシフト DCT 7G」が組み合わされる。0-100km/h加速はGTより0.2秒速くGT Cより0.1秒だけ遅い3.8秒。最高速度はGTを6km/h上回りGT Cに8km/hおよばない308km/h。車両重量の1,625kgもGTより30kg重くてGT Cより35kg軽いというほぼ中間に位置する。価格はまだ発表されていないが、当然ながらGTロードスターの1,854万円とGT Cロードスターの2,323万円の間になるはずだ(いずれも日本仕様の消費税込み価格)。

GT S ロードスターはシャシーの性能も多くの点においてベース・モデルのGTより向上している。例えば、アダプティブ・サスペンション(「AMG RIDE CONTROL スポーツ サスペンション」)、電子制御式リミテッド・スリップ・デフ、可変エキゾーストを備えた「AMGパフォーマンス エキゾースト システム」、5つ目のドライブ・モードなる「RACE」モードが、GT Cと同様に全て標準で装備される。しかし、GT Cの俊敏性を著しく向上させる後輪操舵「リア アクセル ステアリング」は、残念ながらGT Sには装備できない。

Mercedes-AMG GT S Roadster (Kraftstoffverbrauch kombiniert: 11,5 l/100 km; CO2-Emissionen kombiniert: 262 g/km); Exterieur: AMG solarbeam, AMG Carbon Paket Exterieur; Interieur: AMG Performance Sitze in Leder Exklusiv Nappa/Mikrofaser DINAMICA schwarz mit Kontrastziernaht gelb;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 11,5 l/100 km, CO2-Emissionen kombiniert: 262 g/km*  Mercedes-AMG GT S Roadster (fuel comsumption, combined: 11.5 l/100 km; combined CO2 emissions: 262 g/km); exterior: AMG solarbeam, AMG Exterior Carbon Package; interior: AMG Performance seats in Exclusive nappa leather/DINAMICA microfibre in black with yellow contrasting topstitching;Fuel consumption combined: 11.5 l/100 km, Combined CO2 emissions: 262 g/km*
ボディはGT CよりもGTに近い。つまり、GT CやGT Rのようにフェンダーが張り出していないのだ。GTとGT Sで外観上の大きな違いは、前後で径が異なるホイールくらいだろう。GT S ロードスターはGT Cと同様、前19インチ+後20インチとなるが、後輪のタイヤはGT Cが305/30R20を履くのに対し、GT Sでは295/30R20と細くなる(フロントの2265/35R19は同じ)。ブレーキはGT Cと同じ前390mm/後360mmのコンポジット・ディスクに、赤く塗られたキャリパーが標準。写真の車両が装着しているホイールやカーボンセラミック・ブレーキはオプションだ。インテリアはGTと共通のスポーツ・シートに、「ARTICO」合皮と「DINAMICA」マイクロファイバーの組み合わせが標準となる。もちろん、GT CのようなAMGパフォーマンス・シートやナッパレザーもオプションで選択できる。

メルセデスAMG GT S ロードスターは欧州では今年7月に発売される予定だ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Mercedes-AMG GT S Roadster


■関連記事
「メルセデスAMG GT」に開閉式ソフトトップを備えたロードスターが登場!

【試乗記】「メルセデスAMG GT C」 これがシリーズ中ベストなモデルと考えられる理由 

【ジュネーブモーターショー2018】スピード狂の家族に最適!? 「メルセデスAMG GT 4ドア クーペ」が登場!

■関連動画