スバル、「クロストレック(XV)」のプラグイン・ハイブリッドを年内に米国で発売すると発表!
Related Gallery:2014 Subaru XV Crosstrek Hybrid

スバルが同社初となるプラグイン・ハイブリッド(PHEV)について正式に発表した。米国では3番目に売れている「クロストレック」(日本名:「XV」)の2019年モデルで登場するという。クロストレックと言えば、先代は2013年にスバル初のハイブリッド車のベースにも選ばれたモデルだ。残念ながら新型PHEVモデルはまだ公開されていないため、ご覧の写真は先代の「クロストレック XV ハイブリッド」を掲載している。

新型クロストレック PHEVは、トヨタとの提携から生まれたという点においてスバル「BRZ」と似ている。スバルは、このハイブリッド技術がトヨタによるものだと明言しているが、水平対向4気筒エンジンと全輪駆動が組み合わされるというので、スバリストの皆さんにも安心してもらえるだろう。新開発のトランスミッションを採用し、他社のPHEVと同様に電気のみでも走行できるというが、その航続距離に関してはまだ明らかにされていない。他のクロストレックとは差別化された独自のスタイリングをまとい、発売は「年末に近い時期」になるというから、近いうちに写真やスペックも公開されるだろう。

プラグイン・ハイブリッドのコンパクト・クロスオーバーは他にも多くはないが、現在販売されている車種でもなかなかの"つわもの"が揃っている。中でもクロストレック PHEVに一番近いライバルは起亜「ニロ PHEV」だろう。電気のみによる航続距離は26マイル(約42km)、ハイブリッド走行時は19.6km/Lという燃費を誇り、価格は2万8,840ドル(約315万円)から。そしてもう1台は三菱「アウトランダー PHEV」だが、こちらは電気のみによる航続距離が22マイル(約35.4km)、ハイブリッド走行時の燃費は25mpg(約10.6km/L)とやや競争力に欠ける。アウトランダーはその大きめのボディによる広い荷室が自慢だが、価格もベース・モデルが3万5,915ドル(約393万円:日本仕様の消費税込み価格は365万9,472円)からと、高めの設定になっている。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
スバル、2018年に既存モデルのプラグイン・ハイブリッド、2021年までに100%電気自動車バージョンの投入を目指す

2つの価値を併せ持つ、新型「スバル XV」発表会場からリポート!

スバル、水平対向エンジン+1個の電気モーターで4輪を駆動する「XV ハイブリッド」を発売!

■関連動画