ダッジ、インテークが開けられた「チャージャー SRT ヘルキャット」の新しいグリルをチラ見せ!
ダッジが、2019年モデルとしてアップデートされる「チャージャー SRT ヘルキャット」のティーザー画像をSNSで公開した。どうやらフロント・グリルにダクトが追加されるようだ。

基本的に、2019年型ダッジ チャージャー SRT ヘルキャットには「チャレンジャー SRT ヘルキャット」のインテーク・ヘッドライトと同等の機能が与えられるということだろう。しかし、同車には穴を開けることのできる都合の良いライトが存在しないため、ダッジはヘッドライト横のフロント・グリルに大きな穴を開けることにしたとうわけだ。チャレンジャーと同様に、ここからインテーク・ボックスに空気が送り込まれるのだろう。

ティーザー画像をよく見てみると、グリルのメッシュも変更されていることに気づく。2019年モデルのグリルはデザインが少々凝ったものになり、網目が丸みを帯びた形状になるようだ。現時点ではアップデートされたモデルについて、これ以上の情報は明らかにされていないが、今年の夏に新たなボンネットが与えられたチャレンジャーと共に発売される頃までには、さらなる詳細が発表されるはずだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
デュアル・スクープを備えた2019年モデルのダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」がカモフラージュなしで公道に出現!

ダッジ、最高出力707hpの4ドア・セダン「チャージャー SRT ヘルキャット」を発表!

マッスルカー「ヘルキャットV8」を誕生させたのは、エンジニアたちの情熱

■関連動画