急ぎの用事で、車を目的地付近の駐車場に留めたはいいものの、どこだったか忘れてしまった......。とくに小さな駐車場が点在している場所では、こんな思いをして焦った経験をした人はけっこう多いのではないでしょうか。

実は「Googleマップ」を使えば、そんな失敗とオサラバできます。駐車した場所を記録できるのです。操作は駐車した場所を「Googleマップ」の地図上で選択したあと、「駐車場として設定」をタップするだけでOK。これにより、駐車したスポットに「この付近に駐車されました」と表示される仕組みです。さらにこの機能を使えば、現在地から駐車場までの経路も調べられます。

なお、今回はiPhoneを使った手順を紹介しますが、Androidでもほぼ同じ手順で利用できます。

Related Gallery:「Googleマップ」に車を停めた場所を記録する方法

「駐車場として設定」をタップ

まずは「Googleマップ」を開き、車を停めた場所をタップ、もしくは長押ししましょう。次の画面で右上のアイコンをタップし、「駐車場所として設定」をタップします。


▲「Googleマップ」を開き、駐車した場所をタップ(左)。画面右上のアイコンをタップし、「駐車場所として設定」をタップする(右)

地図上に、「この付近に駐車しました」と表示されました。


▲地図上から駐車した場所を確認できる

なお、Androidの場合現在地を示す青い丸をタップし、「駐車場の場所を保存」を選択すると、そこを駐車場所として記録可能。地図上に「ここに駐車しました」と表示されます。


「保存した駐車場」を表示

車を停めた場所はアプリ内に保存されているため、「Googleマップ」を閉じたり、離れた場所の地図を見たりしても、すぐに確認できます。

アプリを開いたとき画面の下の方に表示される「車」をタップしましょう。「地図に表示」をタップすると、駐車位置を再び表示できます。この方法を覚えれば、駐車場所を見失わずに済みます。


▲「車」 「地図に表示」の順にタップ(左)。駐車場所が表示された。「経路」をタップすると、現在地からの道順を表示できる(右)

なお、「車」をタップしたあとに表示されるメニューで「消去」をタップするか、「保存した駐車場」と書かれたメニューを上にスワイプし、「クリア」をタップすると駐車した場所の情報をリセットできます。