デュアル・スクープを備えた2019年モデルのダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」がカモフラージュなしで公道に出現!
Related Gallery:2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Spy Shots

新しいデュアル・スクープ付きのボンネットを装備したダッジチャレンジャー SRT ヘルキャット」が目撃された。2019年モデルのプロトタイプと思われるが、すでに一切のカモフラージュなしに公道に現れているところを見ると、これも最近流行りの正式発表前にチラ見せして期待と注目を煽るメーカーの作戦かもしれない。

大方の予想通り、大きく変わっているのはボンネットくらいで、ボディの他の部分は現行のヘルキャットと同一だ。バンパー、グリルのメッシュ、ブレンボ製の赤いブレーキ・キャリパーとスリット入りディスク、さらにホイールまで現行の標準パーツのままというのは、2019年モデルもその辺りは変更なしなのか、それともボンネット以外は正式発表まで出し惜しみしているのか、今のところまだ分からない。

しかし、実を言えば、この2019年型ヘルキャットのエクステリアには他にも小さな違いが1つある。グリルに装着されたバッジだ。写真を見ると、右端にビンテージ風の筆記体で「Challenger」と記されているのが分かるだろう。現行型ヘルキャットでは、グリルとバッジのデザインは1種類しかなく、SRT ヘルキャットのロゴが左端に付くのみである。我々の想像では、現行のバッジは存続するものの(フロント・フェンダーにはお馴染みのヘルキャットのロゴが確認できる)、このプロトタイプには装着されていないだけか、あるいは写真のビンテージ風バッジは新しいボンネットとともに、レトロ・パッケージのような形で提供されるのかもしれない。

ヘルキャットを含む2019年型チャレンジャーに関する詳細は、今年夏の正式発表で明らかになるはずだ。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Spy Shots


■関連記事
マッスルカー「ヘルキャットV8」を誕生させたのは、エンジニアたちの情熱

【試乗記&動画】「太って噛みつく力は増したが鳴き声は変わらず」 ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット ワイドボディ」

最高出力は1,000馬力以上! ヘネシーから「ダッジ・チャレンジャー SRT ヘルキャット」のチューニング・キットが登場

■関連動画