Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ Edition 1; Exterieur: designo graphitgrau magno; Interieur: AMG Performance Sitze, magmagrau/schwarz mit gelben Ziernähten;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 11,2 l/100 km, CO2-Emissionen kombiniert: 256 g/km*  Mercedes-AMG GT 63 S Edition 1 ); exterior: designo graphite grey magno; interior: AMG Performance seats, magma grey/black with yellow stichings;fuel consumption, combined: 11.2 l/100 km, combined CO2 emissions: 256 g/km*
Related Gallery:2019 Mercedes-AMG GT 63 S Edition 1

メルセデス・ベンツが新型モデルを発売する際、最初に特別仕様の「エディション1」を設定するのは伝統になっている。それはエントリー・レベルのクロスオーバーにも、AMGがチューンしたモデルにも当てはまる。そして、新型「メルセデスAMG GT 4ドア クーペ」も例外ではない。そのエディション1は、最高出力639pの4.0リッターV8ツインターボ・エンジンを搭載する最上級モデル「GT 63 S」でのみ購入できる。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ Edition 1; Exterieur: designo graphitgrau magno; Interieur: AMG Performance Sitze, magmagrau/schwarz mit gelben Ziernähten;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 11,2 l/100 km, CO2-Emissionen kombiniert: 256 g/km*  Mercedes-AMG GT 63 S Edition 1 ); exterior: designo graphite grey magno; interior: AMG Performance seats, magma grey/black with yellow stichings;fuel consumption, combined: 11.2 l/100 km, combined CO2 emissions: 256 g/km*
エディション1の特別なトリムは主に表面的なものだ。ボディはマット・グレーでペイントされ(グレー・メタリックやダイヤモンド・ホワイトも選択可能)、それより明るいマット・グレーのストライプが、ボンネットやルーフと両サイドに施される。さらに「AMG エアロダイナミクス・パッケージ」も標準装備。その中でも最も印象的なコンポーネントは固定式リア・ウイングだ。21インチのAMG鍛造ホイールも装着される。

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+ Edition 1; Exterieur: designo graphitgrau magno; Interieur: AMG Performance Sitze, magmagrau/schwarz mit gelben Ziernähten;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 11,2 l/100 km, CO2-Emissionen kombiniert: 256 g/km*  Mercedes-AMG GT 63 S Edition 1 ); exterior: designo graphite grey magno; interior: AMG Performance seats, magma grey/black with yellow stichings;fuel consumption, combined: 11.2 l/100 km, combined CO2 emissions: 256 g/km*
車内にも専用の装飾が追加される。AMGパフォーマンス・シートを標準で装備し、インテリアは外装にマッチしたブラックとグレーのナッパレザー張りとなるが、シートベルトやコントラスト・ステッチにイエローが使われている。マット・カーボンファイバーのトリムも各部に見られる。AMGの文字が点灯するシルプレートや、専用フロアマット、そしてエディション1のロゴが入ったステアリング・ホイールも装着される。

価格はまだ発表されていないが、このエディション1が新型AMG GT 4ドアのラインナップの中で最も高額になると予想される。実車は今週末のニュルブルクリンク24時間レースで公開され、欧州では2018年9月に納車が始まる予定だ。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Mercedes-AMG GT 63 S Edition 1


■関連記事
【ジュネーブモーターショー2018】スピード狂の家族に最適!? 「メルセデスAMG GT 4ドア クーペ」が登場!

■関連動画