ロータス、公道走行向けに扱いやすさを高めた「エキシージ スポーツ410」を発表!
Related Gallery:Lotus Exige Sport 410

ロータスのようにラインアップから次々と派生モデルを生み出し続けるメーカーは(ジープを除いて)他にない。この英国の名高いスポーツカー・メーカーは、「エキシージ」の新たなバリエーションとなる「エキシージ スポーツ410」を発表した。このニュー・モデルは、基本的にサーキット走行に特化した「エキシージ 430カップ」の、公道走行における扱いやすさや高め、価格を抑えたバージョンだ。


ミドシップに搭載する3.5リッターV6スーパーチャージャー付きエンジンは、430カップよりは僅かに抑えた最高出力416ps/7,000rpmと最大トルク420Nm/3,000-7,000rpmを発生する。しかし乾燥重量は1,074kg(オプションによって最も軽量化した仕様は1,054kg)と、ND型のマツダ「MX-5 ミアータ」(日本名:ロードスター)を若干上回る程度だ。安全規制により米国で販売されないことが実に残念でならない。欧州では0-100km/h加速3.4秒というエキシージ スポーツ410の走りを堪能できる。最高速度はクーペ なら290km/hに達するという(オープントップのロードスターは233km/h)。パワーは6速マニュアル・トランスミッションを介して後輪へ伝えられる。エアロダイナミクスはカップ430をベースに公道走行向けに調整が施され、最大150kgのダウンフォース(前60kg、後90kg)を発生するという。


足回りには430カップと同じNITRON社製の3段階に調整可能なショック・アブソーバーを公道用にリチューンして装着し、調整式のアイバッハ製アンチロールバーも前後に備わる。タイヤはカップ430と共通の、公道走行が可能で最も粘性が高いミシュラン「パイロット・スポーツ・カップ2」。サイズも同じく前215/45 ZR17、後285/30 ZR18と、リアが大きな組み合わせとなる。鍛造アロイホイールのカラーはブラックまたはシルバーから選択可能。4ピストンのブレーキは2ピース・ローターを備えるAPレーシング製だ。


オプションとして、チタン製のエキゾーストや、カーボンファイバー製のメーター・フード、シルカバー、バージボード、ルーフを装備することもできる。サーキット走行向けに電気系統のカットオフ・スイッチや消火器、エアバッグ無しのステアリング、4点式ハーネス、ディーラーで装着するFIA認定のロールケージも用意されている。カーボンファイバー製シートのトリムはアルカンターラが標準だが、オプションでレザーやタータン柄も選択可能だ。もちろん潤沢な資金があるなら、ロータスが貴方好みにクルマをカスタムする「ロータス・エクスクルーシブ」という特別なサービスも用意されている。英国における税込車両価格は8万5,600ポンド(約1,265万円)と、430カップより1万4,200ポンド(約210万円)も安い。ちなみにエアコンやカーペットは例によってオプションだ。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Lotus Exige Sport 410


■関連記事
ロータス、史上最速の公道仕様モデル「エキシージ 430カップ」を発表!

ロータス、さらに軽量化してパワー引き上げた「エキシージ スポーツ380」を発表

ロータス、さらに軽量な「エキシージ スポーツ350」を発表

■関連動画