Related Gallery:Toyota C-HR

トヨタは5月7日、人気のコンパクト・クロスオーバー「C-HR」に一部改良を施し、同日より発売すると発表した。

今回の改良で最も注目すべき点は、これまで4輪駆動のみだった1.2リッター直列4気筒ターボ・エンジン搭載車に、新たに前輪駆動モデルが追加されたことだろう。これによってエントリー・グレードの「S-T」なら、消費税込み229万円という価格で買えるようになった。

また、昨年11月に特別仕様車「LEDエディション」という形で登場した、すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)が、「S-T」および「S」を除き標準装備となった。これにより「S-T」と「S」にLEDランプを装備した仕様は、"LED Package"と名前が変わる。前輪駆動+LEDランプという組み合わせも設定されているので、個人のニーズに合わせて装備や仕様を選ぶことができる。


ボディ・カラーも一部変更され、新規設定色「ネビュラブルーメタリック」を含む8色のモノトーンと、新規設定色「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」を含む8通りの2トーンと合わせて全16色が用意される。


■関連リンク
トヨタ自動車 公式サイト:C-HR
https://toyota.jp/c-hr/

Related Gallery:Toyota C-HR


■関連記事
【SEMA2017】トヨタ、600馬力の「C-HR」を公開!(ただし前輪駆動のまま)

【東京オートサロン2018】第三の顔は大迫力!! トヨタ「ソニックエモーションC-HRコンセプト」を出展!!

【東京モーターショー2017】本当にぶつかっても大丈夫!? トヨタ「C-HR」が時速50㎞で衝突するとこうなる!!

■関連動画