【2018スーパーGT 第2戦富士スピードウェイ】GT500は #23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/ロニー・クインタレッリ組が優勝!
2018 全日本選手権スーパーGT第2戦が、静岡県・富士スピードウェイで開催された。
5月3日の予選日は前線を伴った低気圧の影響で荒天となり、午前の公式練習がキャンセルに。



さらに午後に順延された公式練習のしわ寄せにより、予選が通常のノックアウト方式から20分のみ一本勝負のフォーマットに変更される。



GT500クラスでは、#38 ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明組がポールポジションを獲得。
フロントローには#6WAKO'S 大嶋和也/フェリックス・ローゼンクヴィスト組、3番手グリッドには#23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/ロニー・クインタレッリ組が続いた。



開けて4日は前日の荒天から一転、この時期らしい快晴に恵まれた決勝レースとなった。決勝レースのスタートでは、3番グリッドのクインタレッリが2番手WAKO'Sを1コーナーまでに抜き去ると、直後にトップのZENTをもオーバーテイクに成功してトップに立つ。
しかし予選5番手からスタートした#39 DENSO KOBELCO SARD、ヘイキ・コバライネンの猛追で2番手まで浮上すると、23周目にはクインタレッリを攻略してトップに浮上。



トップを守ってピットに入ると、今レースでは世界耐久選手権(WEC)への出場により欠場となったレギュラードライバー、小林可夢偉に代わって助っ人参戦となる坪井翔にマシンを託す。
今レースがGT500のデビューとなった坪井がコースに復帰すると、落ち着いた走りでGT300クラスのマシンをスムーズにパスしながら、2位の松田を寄せ付けずに走り続ける。

松田は逃げる坪井を必死に追いかけるものの、5秒前後に開いたギャップを詰めることは出来ずにスティントは進行。

しかし転機は76周目に訪れた。
ピットに入った坪井を見送った松田は、次の周でピットインすべく怒涛のインラップを展開。ブレーキをロックさせてまで猛プッシュしてピットインすると、チームもそれに応えるかのように定評あるピットワークを見せ、ロニーがマシンをコースに復帰させたときにはトップに返り咲かせることに成功する。



1スティント目のようにコバライネンの猛追を受けるかと思われたが、クインタレッリは2位を突き放しにかかり、気迫の走りでトップチェッカーを受けた。


2位には#39 DENSO KOBELCO SARD LC500 ヘイキ・コバライネン/坪井翔組が入った。
開幕前のテストや岡山国際サーキットでの開幕戦では相当苦労したチームは、開幕後の鈴鹿サーキットでの公式テストで今回のリザルトにつながるきっかけを掴み、改善を果たして公式戦での結果を残すことに成功した。



3位には、#38 ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明が入った。
ポールポジションからスタートした立川だったが、徐々に順位を落としてしまう。セカンドスティントを担当した石浦も、#36 au TOM'S 関口雄飛に追い抜かれる。その後は関口の直後を走る時間が長く続いたが、サードスティントで抜き返すことに成功すると、3位を守るかたちでチェッカーを受け、ポイントの上積みに成功した。

次戦となる第3戦は5月19-20日に、三重県鈴鹿市・鈴鹿サーキットにて開催される。

写真協力:正木寛之