Related Gallery:Beijing Toyota C-HR IZOA

トヨタは、北京モーターショー2018で、コンパクトSUVの「C-HR」に加え、兄弟モデルの「IZOA」を発表した。

C-HRは、広汽トヨタ自動車販売有限会社から、IZOAは、一汽トヨタ自動車販売有限会社から販売予定とのこと。なお、先日ご紹介したカローラ」は、一汽トヨタで、兄弟車のレビンは、広汽トヨタで取り扱っているので、日本でいう、カローラ店とネッツ店のような取り扱い店の違う兄弟車というわけだ。


中国版C-HRとIZOAを並べてみると、よく見ないとわからないくらい瓜二つなことが分かる。

筆者が気が付いた違いは、C-HRはバンパーグリルがメッシュタイプで、IZOAは横ラインタイプである点、IZOAのみバンパー下部がシルバーに塗り分けされている点、ホイールデザインが似ているがわずかに違う点ぐらいだ。

間違い探しと言っても良いくらい似ており、違うクルマと気が付かない人も多いだろう。


リアでは、コンビネーションランプがクリアタイプになっている点がIZOAと見分けるポイントだ。他はC-HRと同じようだ。

ここまで同じだとC-HRで統一して販売しても同じではないかとも思えるが、販売ルートの都合で分ける必要があるのかもしれない。

なお、両車とも中国市場では、ハイブリッドの設定が当初はなされず、2.0LガソリンエンジンにCVTを組み合わされたモデルが投入されるが、2020年にC-HRとIZOAをベースとした電気自動車(EV)を、中国市場に導入することが発表されている。

さらに、2020年までにこれらの車種を含む10の電動車を新たに中国市場に導入する計画で、電動車のコア技術であるバッテリー、インバーター、駆動系ユニット等の中国における現地生産化を進めることにより、現地に根差した車両電動化をさらに加速するとのこと。

C-HRとIZOAにEVモデルが登場するということは、日本市場でもEVがラインナップされる可能性もある。今後の展開が楽しみだ。


■関連サイト
トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp/

Related Gallery:Beijing Toyota C-HR IZOA