【ビデオ】フォルクスワーゲン、運転中に携帯電話を操作して事故を起こしたクルマのボディでiPhone用ケースを製作
これは、運転中に携帯電話を手に取ることをためらわせる、斬新でクリエイティブ、そしてほんの少し不気味な方法だ。フォルクスワーゲン(VW)は、スウェーデンのブランド・マネジメント企業であるNordDDBと提携し、運転中に携帯電話で文字入力していたことが原因で事故を起こしたクルマのぐしゃぐしゃに折れたボディ・パネルを使ってスマートフォン用のケースを製作した。

スウェーデンのニュース・メディア『The Local』によると、このプロジェクトは、ドライバーが運転中に電話を使う行為を運転には「有害」であると見なしそれを禁止する、2月にスウェーデンで施行された新たな法律に注目を集める狙いがあるという。VWは、まだこの法律が事故の減少につながっていないと主張する。

VWとNordDDBは、手作業による153個のケースを製作した。両社によると、これらのケースには新たな法律が施行されてから事故を起こしたクルマのパネルが使われているという。この「Crashed Case(クラッシュド・ケース)」はiPhone8用で、価格は599クローナ(約7,500円)。すべての収益はスウェーデンの道路交通事故被害者支援団体「Trafikskadefonden」に寄付される。

これは確かに面白いアイデアで、大きな意義があるだけでなく、擦り傷がついたカバーはクールにさえ見える。しかし当然ながら、この背景にはゾッとするような経緯がある。

VWが言うように、残念ながらこの新たな法律は、事故率の改善には役立っていないようだ。米国のある研究結果によると、運転中に携帯電話の使用を禁止する法律ができても、統計学的には事故件数の目立った減少は見られなかったという。




By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】マーク・ウェバーを起用して、運転中のメールがいかに危険かを伝えるポルシェの広告

【ビデオ】フォルクスワーゲンが、運転中のメールがいかに危険かを映画館で実験

【ビデオ】周囲のドライバーをイライラさせる行為のトップは「運転中のメール」

■関連動画