【噂】三菱が「ランサー」の名前をハイブリッドのクロスオーバーとして復活させることを計画中?
Related Gallery:Mitsubishi e-Evolution

三菱ランサー」はどうやらクロスオーバーに大変身して復活するらしい。「エクリプス」はすでにクーペのルーツを捨て、コンパクトSUV「エクリプス クロス」となった。そして次は、ランサーが車高の高いクルマに生まれ変わる番だ。

三菱はすでに昨年の東京モーターショーで、クロスオーバーSUVタイプのコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」(画像上)を発表し、かつて成功を収めた三菱の「エボリューション」という名称と、新しいクロスオーバーの狙いを組み合わせ、同社の新たな成長と発展、これからのクルマづくりの方向性を示した。そして今回、三菱のCOO(最高執行責任者)を務めるトレバー・マン氏とデザイン本部長の國本 恒博氏は『AutoExpress』によるインタビューで、ランサーはe-Evolutionの方向性を取ることをほのめかしている。

三菱はランサーが属するセグメントにおいて今後10年間も依然として成功が見込めると思っているようだが、必ずしもフォード「フォーカス」フォルクスワーゲン「ゴルフ」と、従来型のハッチバックや3ボックス・セダンで競合しようと思っているわけではない。「このセグメントに適した解決策があると我々は考えています」とトレバー・マンCOOは語っている。「(このセグメントの)販売台数は中国ではまだまだ伸び続けています。つまり魅力があるのです。世界的に見れば巨大なセグメントですから、注目し続けています」。

デザイン本部長である國本恒博氏は、「Cセグメントだからといって、従来型のハッチバックである必要はありません。新しいタイプのハッチバックを作ることができると思います。我々はまったく新しい発想をしているのです」と語っている。ランサーの実質的な後継モデルは、ルノー日産アライアンスのプラットフォームに、三菱自社製ハイブリッドを搭載し、さらに4輪駆動を設定することで「ランサーエボリューション」の伝統を引き継ぐ。少なくともエボリューションという名前の使用を部分的に正当化できる。

トレバー・マンCOOによると、2025年までの長期的な製品スケジュールが予定されており、三菱はラインアップにある既存のクロスオーバー「アウトランダー」と「アウトランダースポーツ」(日本名:RVR)の後継モデルを発表するという。そして現在、三菱はランサーと「モンテロ」(日本名:パジェロ)に全力を注いでいる。両車ともフルモデルチェンジが行われたのは、10年以上も前のことだ。ロングセラーだったランサーは米国では段階的に縮小され、昨秋に販売を終えている(日本でも2017年12月に生産終了)。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【東京モーターショー2017】ランエボ後継ではない!! 三菱「e-EVOLUTION CONCEPT」が登場!!

■関連動画