ホンダ、初の量産電気自動車となるコンセプトカー「理念 EV」を公開! ただし中国市場専用
Related Gallery:Honda Everus EV Concept

4月25日に開幕した北京モーターショーで、ホンダは中国専用電気自動車のコンセプトカー「理念 EV コンセプト」を世界初公開した。

理念 EV コンセプトは、本田技研科技(中国)有限公司と広汽本田汽車有限公司(以下、広汽ホンダ)が共同開発し、中国市場専用に投入する初の量産電気自動車を示唆するコンセプト・モデル。広汽ホンダの自主ブランドである「理念」のモデルとして、2018年内の発売を予定しているという。また、この量産EVは昨年ホンダが出資を発表した中国のカーシェアリング事業会社Reachstar(リーチスター)社のカーシェアリングサービスを通じて、シェアEVとしても活用される予定だ。ホンダは中国で2025年までに20機種以上の電動化モデルの投入を予定している。


現在のところ、それ以上の情報や仕様については一切公表されていないが、その外観から「ヴェゼル」がベース、あるいはそのコンポーネントを少なからず流用した電気自動車になるのではないかと見られている。

ホンダは昨年のフランクフルト・モーターショーで発表した「アーバン EV コンセプト」の市販モデルを2019年に欧州で発売する予定だが、それより先に発売される理念 EVが「ホンダ初の量産電気自動車」の栄誉に浴することになる。これぞ会社創立初期から名高いホンダの"理念先行型経営"というものか...!?


Related Gallery:Honda Everus EV Concept


■関連記事
ついに量産EV登場か!! ホンダがそのベースとなる「Urban EV Concept」をワールドプレミア!!

■関連動画