フォルクスワーゲン、無人のクルマが自動的に駐車スペースへ向かう自動駐車システムの試験運用を開始
ドイツのシュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツ・ミュージアムでは昨年、訪問客が所定の場所でクルマを降りると、無人になったクルマが自動的に駐車スペースを選んで駐車するという無人バレー・パーキングの試験運用をダイムラーが開始した。そして現在、同じドイツのライバル企業が同様のサービスを計画しているようだ。ポルシェアウディを擁するフォルクスワーゲン・グループが、2020年に自動駐車システムの技術を市販車に採用するため、ハンブルグ空港で試験運用を行っているのだ。

フォルクスワーゲン(VW)とって自動駐車システムの構築は、将来的な完全自動運転車の実現に向けた進化段階における、運転支援システム導入の次なるステップと言える。「自動駐車システムは、顧客に利便性やストレスのない移動を提供するための重要な要素となるでしょう。そのために、このテクノロジーを大衆化し、より多くの人が利用できるようにしたいのです」と、VWの最高デジタル責任者を務めるヨハン・ユングビルト氏は語る。

このシステムはまず、立体駐車場で運用が開始される。自動運転車には一般の車両とは別のルートが設けられ、人が運転するクルマと一緒に走行することはないという。自動運転車は地図データや駐車場に付けられた目印に基づいて現在位置を確認し、駐車スペースへと自らを導く。車両にはレーダーやカメラなど様々なセンサーが搭載されており、これらから得られた情報を車載コントロール・ユニットが処理することで周囲の状況に対応し、自動的に減速や停止を行う。

さらに次の段階としては、人が運転するクルマに混じってシステムの操作を行い、最終的な目標はどの駐車場でも自動駐車できるようになることだ。VWブランドには、この他にも将来の実用化に向けて計画中のサービスやテクノロジーがある。例えば、「アウディAI」は乗員がクルマから降りて用事を済ませている間に、クルマが自動的に駐車場だけでなく洗車場や荷物の受け渡しスペースに向かうことができる。ポルシェの電気自動車は無人で充電スポットに移動し、待機していた充電ロボットが充電を行う。

さらに、ユングビルド氏は次のように語る。「我々の目標は、ボタン1つ押せば、自動運転機能によって全ての人々が移動できるクルマを開発することです。そして、路上における人々の安全を向上させると同時に、人々に時間の余裕を持ち、満足できる人生を送ってもらうことです。自動駐車システムは、その目標達成のための、重要な段階となるでしょう」。


By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】ダイムラーとボッシュが「無人バレーパーキング」の試験運用を開始!

■関連動画