【ビデオ】ポルシェの新型「911 GT3 RS」がニュルブルクリンクで7分を切る!
Related Gallery:Porsche 911 GT3 RS Nürburgring Nordschleife

ポルシェ「911」が再びニュルブルクリンクで「918スパイダー」のラップタイムを上回った。ポルシェは、先日ジュネーブ・モーターショーで発表したばかりの新型「911 GT3 RS」が、"グリーン・ヘル(緑の地獄)"として知られるドイツの有名なサーキットで7分を切った、正確に言えば6分56秒4というタイムを記録したと発表した。これは先代911 GT3 RSのタイムを24秒も短縮し、さらに前述のハイブリッド・スーパーカーよりも0.6秒速いことを意味する。


確かに、このタイムはランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」には及ばない。このイタリアン・スーパーカーの6分52秒というタイムは、新型GT3 RSより4秒速い。しかし、ランボルギーニのV10エンジンはポルシェの自然吸気水平対向6気筒より120psも強力で、加えてワイルドなアクティブ・エアロダイナミクスを搭載し、さらに価格は911 GT3 RSより725万円も高い。そして「911 GT2 RS」はその両車よりも速く、6分47秒3というタイムは現在のところ公道走行可能な量産スポーツカーによるニュルブルクリンク最速記録となっている。


全てを考慮に入れると、最高出力520psの911 GT3 RSは本当に凄いマシンであり、性能と価格から見れば相対的にライバルよりお買い得だ(日本における消費税込み価格は2,692万円)。しかも、その高回転型自然吸気エンジンは、特に9,000回転の最大回転数に近づいた時には極上のサウンドを奏でる。信じられないというのであれば、下の車載映像をご覧いただきたい。もし我々の言うことに同意できないとしても、その素晴らしいドライビングには一見の価値がある。





By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Porsche 911 GT3 RS Nürburgring Nordschleife


■関連記事
ポルシェの市販車で史上最強の自然吸気エンジンを搭載した新型「911 GT3 RS」が登場!

【ビデオ】ポルシェの新型「911 GT2 RS」、ニュルブルクリンクで量産車最速タイムを更新!

ランボルギーニ、新モデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」、ニュルブルクリンクの最速記録を更新

■関連動画