Related Gallery:2018 MMC i-MiEV

三菱自動車は、電気自動車「i-MiEV」のエクステリアデザインを変更するなど一部改良を施し、4月19日から販売を開始した。

主な変更点は、エクステリアのデザイン変更だ。フロントバンパーとリヤバンパーの変更により、張りのある前後フェンダーがタイヤを包み込み、ロードハギング感を高め、サイドエアダムをボリュームのあるデザインに変更することで、低重心で安定感のあるスポーティなスタイリングになっている。加えて、フロントバンパーのフォグランプが標準装備された。

なお、今回のフロントバンパーの変更に伴い、全長が3,395mmから3,480mmに拡大することで、軽自動車から登録車(小型車)に変更となっている。つまり、日本の量産電気自動車で唯一の軽自動車モデルが消滅したということになる。


新機能としては、電池高温時お知らせ機能の追加が追加された。この機能は、駆動用バッテリー温度が高い状態で急速充電をした場合、充電時間が長くなることがあるが、それをお知らせしてくれる機能なのだ。

世界初の量産電気自動車として2009年7月から販売を開始し、日欧米その他地域の52ヶ国で累計約2万3千台を販売してきた経験が生かされた細かな配慮がされているバージョンアップとなっている。

グレードは、総電力量10.5kWhの「M」が廃止され、同16.0kWhの「X」のみの設定なった。なお、価格は294万8,400円(消費税込)。


カラーは、モノトーン車には前後ドアサッシュにブラックアウトテープを採用し、細部の質感を向上。 スターリングシルバーメタリック、スターリングシルバーメタリック/ホワイトパールの2トーンカラー(有料色)の2色が新たに設定され、全5色展開となっている。

あわせて、5種類のデザイン・ラッピングも用意された(※画像はすべてラッピング施工済)。なお、このデザイン・ラッピングは従来モデルにも施工可能とのことなので、既に保有しているオーナーもラッピングを楽しむことが出来る。

今回のマイナーチェンジで、わずか85mm全長を伸ばすことで、軽自動車から小型車となったi-MiEVだが、以前ご紹介したOEM車光岡雷駆」のように小型車にした意図が5人乗りにするためというわけではなく、相変わらず4人乗りのままだ。

また、装備がアップしたものの、これまでの「X」は262万4,400円(消費税込)だったので、なんと約32万円のUP。日産「リーフ」が315万円(消費税込)からの価格設定なので、その差は約20万円に縮まった。

発売されてから、約9年が経過し、小型車化された今回の改良の本当の意図はわからないが、日産が4月20日に新型EVを2022年度まで3車種投入するという発表を行った点や、ネット上で次期型が年内にも登場すると噂されている日産デイズ」/三菱EKワゴン」のモデルチェンジとの兼ね合いがあっての小型車化なのか、真相は年内に分かるだろう。


■関連サイト
三菱自動車 公式サイト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/