日産の電気商用車「e-NV200」が仕様向上 40kWhの大容量バッテリーを採用
Related Gallery:Nissan e-NV200

日産自動車は19日、商用電気自動車「e-NV200」を仕様向上し、全国一斉に注文の受付を開始すると発表した。発売は12月を予定しているという。

「e-NV200」は、商用車としての積載性の高さ、使い勝手の良い運転席周り、電気自動車(EV)ならではの力強い加速と静粛性を兼ね備えた商用EV。さらに給電機能「パワープラグ」(100Vコンセント)により、外出先でも電気製品を使用でき、走る蓄電池としても様々なビジネスシーンで活用されている


今回の仕様向上では、バッテリー容量が従来の24kWhから新型「リーフ」と同じ40kWhに増え、これによってJC08モードの航続距離は190kmから300kmに伸びた。全車に標準装備された「パワープラグ」の1000Wでの使用時間(最大負荷はコンセント2個、合計1500W)も、従来の8時間から15時間に拡大(バッテリー残量・パワープラグ使用領域設定等によって変動する)。この新バッテリーは、容量の低下抑制や耐久性の向上などにより高寿命化も実現し、保証が従来の5年10万kmから8年16万kmへ延長されている。

バッテリーの大容量化に合わせ、車両に標準装備している普通充電器は、従来の3kWから6kWに変更された。別売されている6kW普通充電器(壁掛型)をオフィスや店舗などに導入すれば、40kWhの大容量バッテリーでも従来と同等の約8時間で満充電が可能となる。急速充電器を使用した場合は、約40分で約80%の充電が可能だ。


その他の変更点としては、ワゴン・モデルに標準装備されているEV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)に、DVD再生機能やミュージックボックス機能が追加され、多彩なタッチ操作にも対応するなど利便性・操作性が向上している。ルートバンを除くバンには、UVカット断熱プライバシーガラス(スライドドア、リヤサイド、バックドア+両側スライドサイドウインドウ)を標準装備。さらにボディ・カラーに新色の「エクセレントブルー」が用意された。

消費税込み価格は2人乗りバンの395万4,960円から、7人乗りワゴンの476万2,800円まで。


日産自動車 公式サイト:「e-NV200」WEBカタログ
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/env200.html

Related Gallery:Nissan e-NV200