米国マツダ、シミュレーターを使った「マツダ・ホットラップ・チャレンジ」を開催 優勝者にはMX-5ミアータのカップカーをテストドライブできるチャンスが!
ビデオ・ゲームを使ってレーシング・ドライバーを発掘しようという試みは、現在ではそれほど珍しいことではない。ソニーと日産は2008年からGTアカデミーを開催し、ソニーのプレイステーション向けゲーム『グランツーリスモ』のトップ・プレイヤーに本物のレースカーを運転するチャンスを与えている。どうやらマツダも同様の企画を行うようだ。同社は今年、「マツダ・ホットラップ・チャレンジ」を開催し、優秀なプレイヤー2名を来年のデイトナ24時間レースに招待する。この両名は直接対決することになり、勝者にはマツダ「MX-5 ミアータ(日本名:ロードスター)」のカップカーをテストドライブする機会が与えられる。

マツダは2018年に米国内で行われるレースのうち7つのイベントで、来場者が「グローバル MX-5 カップカー」を操縦してデイトナ・インターナショナル・スピードウェイをタイムアタックできるシミュレーターを設置。このシミュレーターで年間の最速記録を出した参加者が、来年のデイトナ24時間の1人目の招待者となる。

そして、これらのイベント会場に直接足を運べない人は、自宅からオンラインのレース・ゲーム『iRacing』を使って参加することが可能だ。各回上位5名が選ばれ、年末には計35名の参加者が競い合う。そこで最速タイムを記録した参加者が2人目の最優秀プレイヤーとなり、マツダ・チーム・ヨーストのゲストとして2019年のロレックス・デイトナ24時間レースに招待される。

さらに、この両トッププレイヤーは、2019年デイトナ24時間レースの会場で直接対決し、勝者にはマツダ「MX-5ミアータ」カップカーをテストドライブする機会が与えられる。

このイベントへの参加資格は18歳以上の(日本の読者には残念だが)米国居住者。詳しい情報については、iRacingの公式ウェブサイトをご覧いただきたい。イベント日時は下記の通り。

オンライン・タイムアタック・スケジュール
・1週目:4月13日~4月15日 デイトナ・ロード・コース
・2週目:5月25日~5月26日 ライム・ロック・パーク
・3週目:6月29日~7月1日 ワトキンズ・グレン
・4週目:8月3日~8月5日 ロード・アメリカ
・5週目:8月24日~8月25日 ゲートウェイ・インターナショナル・レースウェイ
・6週目:9月7日~9月9日 ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ
・7週目:10月11日~10月13日 ロード・アトランタ

タイムアタックはグリニッジ標準時間で当日一日中可能。

サーキット・イベント・スケジュール
・1週目:4月13日~4月15日 ロングビーチ
・2週目:5月25日~5月26日 ライム・ロック・パーク
・3週目:6月29日~7月1日 ワトキンズ・グレン
・4週目:8月3日~8月5日 ロード・アメリカ
・5週目:8月24日~8月25日 ゲートウェイ・インターナショナル・レースウェイ
・6週目:9月7日~9月9日 ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ
・7週目:10月11日~10月13日 ロード・アトランタ

By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2016 Mazda MX-5 Global Cup Racing Series


■関連記事
マツダ「グローバル MX-5カップ」レースカーの価格は約635万円

【試乗記】『グローバル MX-5カップ』グローバルカップカーには夢がある:山田弘樹

北米マツダ、「グローバル MX-5 カップ」仕様車のために専用ハードトップを発売

■関連動画