マツダの次世代ガソリン・エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)」が、米国ニューヨークで開催された「2018 Edison Award」の表彰式において、「Engine Enhancements(エンジン改良)部門」の金賞を受賞しました。

「Edison Award(エジソン賞)」は、世界中の革新的な製品、サービス、ビジネスリーダーを表彰し、その栄誉を称える国際的な賞です。同賞はアメリカ・マーケティング協会によって1987年に創設され、2008年からは独立機関が主催しており、自動車業界だけでなく各業界で変革を起こしている国際的企業の製品・サービスなどから選出されます。

マツダは以下のようにコメントを発表しています。

このたび受賞した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」は、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」により、ガソリンエンジンにおける圧縮着火の実用化に世界で初めてめどを付けた画期的な内燃機関です。燃費改善率は現行ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」比で最大で20~30%、トルクは全域で10%以上、最大で30%改善する見込みであり、環境性能と走りの楽しさの両方を飛躍的に高めています。この「SKYACTIV-X」を搭載したマツダの次世代商品は、2019年以降に全世界で順次導入されていく予定です。

マツダは、将来においても「地球」、「社会」、「人」とクルマが共存する世界の実現を目指し、「走る歓び」にあふれたカーライフを通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。


■関連リンク
マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/

■関連記事
マツダ、ガソリンの圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表!

【東京モーターショー2017】マツダ、次期型「アクセラ」を示唆する「魁(KAI)コンセプト」を公開

マツダ、第3世代SKYACTIVはEVに匹敵するクリーンエンジンに! 熱効率56%実現目指す