『Forza Motorsport 7』最新カーパックには、歴史に名を残す数々のレースカーに加えてホンダ「オデッセイ」も登場!
人気レース・ゲーム『Forza Motorsport 7』は、毎月ダウンロード可能なカーパックで新しいクルマを追加し新鮮さを保ち続けている。しかし、4月のダウンロードコンテンツ(DLC)は非常に意外なラインアップだ。フェラーリ草創期の美しい1948年型「166 インテル スポルト」、ポルシェ初の純レーシングカーとして知られる1966年型「906"カレラ・シックス"」、1976年に米国の建国200周年を記念してカー・ナンバー"76"を付けてル・マン24時間レースに出場したシボレー「グリーンウッド コルベット」、ポルシェ「924」ベースの高性能限定モデル「924 カレラGTS」、米国のエレクトラモーティブ・エンジニアリングがIMSA-GTPクラス参戦に向け製作した日産「GTP ZX-Turbo」、さらには2017年型マセラティ「レヴァンテ S」まで収録されている。地元のディーラーに行く前にバーチャル試乗ができるのだ。一番驚いたのは(これが何かの悪い冗談でなければ)、2018年型ホンダ「オデッセイ」が収録されていることだ。バーチャル世界に存在する『Forza Motorsport 7』の世界最高のレーシング・サーキットを、このクルマで走れると聞いて喜ぶのは、毎日子供の送り迎えでオデッセイに乗っているゲーマーのパパとママくらいではないだろうか。

興味深いことに、このミニバンは文末にご紹介している公式予告映像には登場しない。4月のカーパックのタイトルロールに名前が載っているだけだ。おそらく開発者たちがクラシックなポルシェやフェラーリの隣にオデッセイを並べるのは場違い過ぎると思ったのだろう。レヴァンテも完全に溶け込んでいるとは言い難いが。

ホンダのオデッセイを映像に登場させなかったのは、競争相手に恥をかかそうとパドックで待っている肉付きのいいダークホースのように、単に謎めかして注目を集めるためだったのかもしれない。我々はハワイ島コナの山道を2018年型ホンダ オデッセイで走ったことがあるが、ステアリングを握る指はスパ・フランコルシャンを走りたくなってウズウズしたものだった。

こちらが4月のカーパックに収録されるクルマのリストだ。

・1948 Ferrari 166 Inter Sport
・1966 Porsche 906 Carrera 6
・1976 Chevrolet No. 76 Greenwood Corvette
・1980 Porsche 924 Carrera GTS
・1986 Nissan No. 85 Electramotive Engineering GTP ZX-Turbo
・2017 Maserati Levante S
・2018 Honda Odyssey

自動車情報サイト『Motor 1』によると、最新版には他のコンテンツも含まれるようだが、詳細は明らかになっていない。後部座席に子供を乗せてレースをするコンテンツが追加されたら楽しいだろう。DLCはまもなく提供が開始される。果たして興奮を抑えられるだろうか。ちなみに我々は、ドライビング体験をよりリアルに味わうため、ゲーム用の椅子の後ろにチャイルドシートを装備して待っている。



By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
『Forza Motorsport 7』最新カーパックで、1,500馬力のブガッティ「シロン」が登場!

『Forza Motorsport 7』最新カーパックで、ジープ「グランドチェロキー トラックホーク」や新型ポルシェ「カイエン」が登場!

人気レース・ゲーム最新作『Forza Motorsport 7』の全収録車種が明らかに!

■関連動画