ダッジ「デュランゴ」の3世代目が発売されたのは2011年。基本的にジープ「グランドチェロキー」のシャシーをロングホイールベース化して3列シートを装備したデュランゴは、スタイリングにおいてダッジの「チャージャー」や「チャレンジャー」から多大な影響を受けている。このデュランゴに「GT ラリー・アピアランス・パッケージ」と呼ばれる新たなオプションが追加された。これは要するに、V8「ヘミ」エンジンを搭載するパワフルな「デュランゴ R/T」のフロントマスクを、より安価で穏やかなV6エンジンを積む「デュランゴ GT」に与えたモデルと考えていいだろう。

このアピアランス・パッケージは期間限定オプションで、価格は1,495ドル(約16万円)。デュランゴ GTラリーはデュランゴ R/Tと同様、ダッジ「チャージャー デイトナ」の影響を強く受けたフロント・デザインとなっている。ダッジを象徴する十字グリル(クロスヘア)に替えてスリムなメッシュグリルを採用し、「ヴァイパー」風のダクトが開いたボンネットを装備。フロント・バンパーにもエアインテークが設けられ、LEDフォグランプが装着される。さらにお好みで、「ブラックトップ・パッケージ」や「ブラス・モンキー」ホイールなども追加できる。

メカニカル面の変更は一切ない。デュランゴ GTラリーが搭載するエンジンは、最高出力295hpを発生する3.6リッターV型6気筒のままだ。後輪駆動と全輪駆動のどちらでも選べる。なお、デュランゴ GTのベース価格は3万8,990ドル(約420万円)なので、ラリー・アピアランス・パッケージを追加した場合は4万485ドル(約436万円)からとなる。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【シカゴオートショー2018】ストライプからエキゾーストまで! ダッジ「デュランゴ」のR/TとSRT用純正パフォーマンス・パーツが発売

■関連動画