菜種を目一杯積んだダンプカーが、荷台を上げたまま高速道路を走行中に、高架橋に衝突したらどうなるだろうか? この映像をご覧いただければそれが分かる。

カナダ・モントリオールの地元メディア『Montreal Gazette』によると、この事故は、4月4日(現地時間)午前11時30分に発生した。ダンプカーは、モントリオールの高速道路40号線を走行中、完全に荷台が上がってしまい、そのまま高速道路上に架かった歩道橋に突っ込んだ。積荷はすべて道路上に飛び散り、車体の一部は潰れて橋にめり込んでしまった。これを受けて道路は封鎖され、20時間が経った後も部分的に封鎖されたままだったという。幸い、怪我人は出なかった。



ケベック州政府運輸省のエンジニアがこの現場の調査を行い、その結果(これ以上の事故の)"予防的処置"として、歩道橋の一部を取り壊すことになったと『Montreal Gazette』は伝えている。ドライバーの過失か、それとも機械の故障で荷台が上がったままになっていたのかは不明だが、荷台が上がっていることをドライバーに報せる警告灯の装備をダンプカーに義務付ける交通規則の改定が、ケベック州で検討されているという。


By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画