一般社団法人日本自動車タイヤ協会(通称:JATMA、会長:池田育嗣)は、平成12年に当会並びに全国タイヤ商工協同組合連合会等3団体で創設しました『4月8日タイヤの日』の活動として、今年は下記の内容で実施し、ユーザーの皆様にタイヤの空気圧点検をはじめとする日常点検・整備の重要性を訴求して参ります。

《ご参考》
低燃費タイヤ等普及促進協議会(※1)において、"空気圧管理の周知"のより深い理解を増進するために関係者が一層連携して行う事が重要と取り纏められ、この『4月8日タイヤの日』の活動が協議会の主旨に沿った普及広報の一助となるよう、引続き環境対応の側面からも空気圧管理の重要性を訴求して参ります。
※1 経済産業省、経済産業省資源エネルギー庁、国土交通省、有識者、消費者代表、工業会(自動車工業会、当会)


1. タイヤ点検実施予定



※2 上下線集約型

各会場にてタイヤ点検を受けたドライバーや、ご来場者へ粗品を配布し、適正使用の啓発活動を実施致します。ビニールバッグ(A4 サイズ/手提げ)に、下記3点をパッケージの上ご提供し、空気圧点検をはじめとするメンテナンスの必要性や、タイヤと環境・エコについて啓発・周知致します。

1. リーフレット「タイヤを上手にご使用いただくために」
2. ポケットティッシュ  3個
3. 啓発チラシ「タイヤの知って得する数字クイズ」 1枚
  エコ・ドライブと安全走行のために、月に1回の空気圧チェックが重要であることをお知らせする



2.タイヤ販売店店頭でのポスター掲出
月に1回のタイヤの空気圧点検の重要性を啓発するために、昨年に引き続きポスターを掲出。

作成数:14万部
体 裁 :B3版 カラー (最大364mm×最大515mm)
掲 出 : タイヤメーカー系列販売会社を通じ、各タイヤ販売店、専業店等


3.タイヤのはなし(ファクトブック)の活用
タイヤにまつわる情報を分かりやすくまとめた報道用資料を本年も活用。下記、資料構成とページイメージ。

1.タイヤにまつわる数字
・乗用車の3台に1台が空気圧不足のまま走行
・月に1回、空気圧点検を実施している人は約3割
・車両故障原因の第1位は、タイヤ・ホイールの破損

2.タイヤにまつわる話
・意外と知らない?タイヤの重要な4大機能
・月に1回は実施したいタイヤの空気圧点検方法を解説!
・空気圧点検と合せて知っておきたい、普段心がけておきたい、タイヤの日常点検
・タイヤは環境活動とも深い関係、知っていますか?タイヤdeエコ活
・冬の安全ドライブには事前の備えが大切です。冬用タイヤの重要性をご存知ですか?

3.JATMAのこと
・全国にあるJATMAの拠点についての紹介

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ