英国BBC『トップギア』で数々のタイムアタックが行われた、ダンスフォールドのテストコースが取り壊しに
英国では先週末、BBCの自動車番組『トップギア』最新シリーズの最終回が放送されたばかりだ。これで悲しい気持ちになった方には、さらに追い打ちをかけてしまうかもしれない。同国にあるダンスフォールド飛行場の滑走路とそれを使った同番組お馴染みのテストトラックが壊されて住宅が建つと報じられてから既に10年以上も経っているが、先週ついにコミュニティ・地方自治大臣がこの計画に公式にゴーサインを出したというのだ。

伝説的な飛行場の土地には、1,800戸の住宅が建設される予定で、この開発により1,000を超える新しい雇用が生まれると英国のタブロイド紙『The Sun』は伝えている。とは言え、『トップギア』の撮影チームがそこで新たな職を得ようとすることにはならないだろう。BBCの情報筋は、この建設計画が「当面撮影に影響を及ぼすことはない」と語っているからだ。あの司会者トリオが『トップギア』を去った後、『グランド・ツアー』のスタッフも新しいコースを見つけ出したように、もし『トップギア』が新しいテストコースを見つけなければならないことになったとしても、英国内にはクルマのテストが行えるテレビ向けのコースがいくつもあるはずだ。もちろん、ダンスフォールドのコースは、これまでに数えきれないほどラップタイム計測に使われ、クルマの走行性能を測る指標としての地位が確立されていたので、新たにゼロから始めるのは、何事においても大変なものだが。

この土地がいつから別の目的で使用されることになるのか、明確な日程はまだ発表されていない。ブルドーザーが現場に入ったら、まずはコースの取り壊し前にラップタイムを計測しようとするかもしれない。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画