【噂】トヨタ「86」とスバル「BRZ」の次世代型は、排気量が2.4リッターに拡大して2021年に発売?
今回の噂が真実なら、数は少ないもののコアなファンにとっては朗報だ。『The Japan Times』紙が報じた匿名の「情報筋」からの話によれば、トヨタスバルは2021年ごろの発売を視野に入れた次世代型「86」と「BRZ」を開発しているという。この新型は現行モデルより出力が高く、ハンドリングや安全機能も向上したものになるとのことだ。

同紙によれば、この新型の後輪駆動スポーツ・クーペはエンジンの排気量が現行の2.0リッターから2.4リッターに拡大し、車両の重心を引き下げることで、すでに優れたコーナリング安定性がさらに高まるという。

その2.4リッター・エンジンとは、論理的に考えれば、間もなく北米で発売となるスバル「アセント」に採用された新開発のFA24型である可能性が高い。だが、ターボチャージャー付きの同エンジンは最高出力260hp、最大トルク38.3kgmと、現行型"トヨバル"から大幅にパワーアップし過ぎるため、このエンジンが2世代目モデルに搭載されるかどうかは疑問が残る。

しかし少なくとも、トヨタのエンジニアである多田哲哉氏が最近、86のパワーアップとターボ化にはフルモデルチェンジが必要と示唆した話とは矛盾しない。オーストラリアの自動車メディア『CarAdvice』によるインタビューで、同氏は「確かに私もターボは好きですが、86のターボ・バージョンを開発してパワーを引き上げるには、基本設計を完全に変える必要があります。そうしないと満足のいくクルマにはなりません」と語っている。

多田氏はまた、「86の1つの特徴として、荷重をわずかにフロント寄りとすることで、ハンドリングの反応と敏捷性を高めています。ターボ・バージョンを作るとしたら、フロントとリアの重量バランスを変更しなければなりません。つまり、全く新しいプラットフォームを開発する必要があり、エンジンのパーツを変更したり少しばかり改良したりする程度では済まないのです」と説明している。

「全く新しいプラットフォームを開発する必要がある」という発言は、「全く新しいプラットフォームを開発している」とイコールではないことに注意したい。同氏が全くの仮定で話しているとも受け取れるし、彼のチームがすでに本格的な開発に入っていることを暗示しているとも考えられる。あるいは、英語で表現する際にニュアンスが少し曖昧になったのかもしれない。いずれにせよ、我々はスバル BRZとトヨタ 86の次世代型が登場する可能性に期待すると同時に、『The Japan Times』紙が指摘しているように、2社の協力関係が継続するということについては懐疑的にならざるを得ない。2台のスポーツ・クーペはよく売れているとは言い難く、共同開発の難しさをほのめかす噂は後を絶たない。

ともかく、今はさらなる情報を聞き逃さないように注意し続けることにしよう。そしてできるだけ長く、現行のBRZと86を楽しむことにしよう。


By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2017 Toyota 86

Related Gallery:2018 Subaru BRZ Limited


■関連記事
【レポート】スバル吉永社長が「BRZ」生産終了の噂を否定! 第2世代モデル開発に意欲

トヨタ、実際に走行可能な「86 シューティングブレーク・コンセプト」を公開

【試乗記】スバル BRZ、新生BRZの運転は面白い:山田弘樹

■関連動画