国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10【軽自動車編】2018年版
国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要領(平成16年国土交通省告示第61号)」に基づき自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。

そこで今回は昨年に引き続き、ランキング形式で軽自動車のベスト10をご紹介しよう。なお、今回のランキングは2017年末時点で新車として販売されているクルマが対象だ。

第9~10位は、JC08モード燃費値32.0km/Lで、スズキ「ハスラー」、同車OEMマツダ「フレア・クロスオーバー」(画像)の2車種がランクイン。

昨年は、スズキスペーシア」と同車OEMマツダフレアワゴン」もランクインしていたが、新型にモデルチェンジして、JC08モード燃費値30.0km/Lにダウンしたため、ランキングから外れた。モデルチェンジして燃費がアップしないのは珍しいパターンだ。
Related Gallery:2018 Fuel efficiency rank

Related Gallery:SUZUKI HUSTLER Flimited / LUPIN Flimited / SOLIO BANDIT Flimited

Related Gallery:



第7~8位は、JC08モード燃費値33.4km/Lで スズキワゴンR」 と同車OEMのマツダ「フレア」(画像)の2車種がランクイン 。現行モデルが2017年2月に登場したため、昨年は旧モデルで6位にランクインしていたが、ライバルがそれを上回る燃費でランクインしたために、順位をワンランク落としている。
Related Gallery:Suzuki Wagon R FA 5MT

Related Gallery:SUZUKI WAGONR

Related Gallery:Suzuki Wagon R

第4~6位は、昨年同様JC08モード燃費値35.2km/Lで、 ダイハツミラ イース」、と同車OEMのトヨタピクシス・エポック」に加え、新たに同車OEMで復活したスバルプレオプラス」(画像)が加わり3兄弟でランクイン。

トヨタがハイブリッド用エンジンの開発で培ってきた技術などを応用し、高圧縮比化やアトキンソンサイクル化によって熱効率を高め、エンジンのさらなる低燃費化実現している。

低燃費化に向けた改良は車体側にも施され、走行時の空気抵抗を低減させる効果がある「タイヤディフレクタ」をリアタイヤの前にも装備。

また、「エコ発電制御」(電装品用の電力をできるだけ減速時のエネルギー回生によって充電する機能)も見直され、減速時の発電量が高まったことで加速・走行時の発電がさらに抑制されエンジン負荷を低減している。
Related Gallery:SUBARU PLEO+

Related Gallery:DAIHATSU Mira e:S

Related Gallery:TOYOTA PIXIS



第3位は、昨年同様JC08モード燃費値35.6km/Lでスズキアルトラパン」がランクイン。

名前の通り、アルトのパワートレインをベースに開発されているため、アルト同様減速時のエネルギーで発電、充電し燃料消費を抑える「エネチャージ」や、より効率よくエンジンを止めて無駄なガソリンを節約する新アイドリングストップシステムなども採用され、従来モデルよりも さらに低燃費に仕上げられている。
Related Gallery:Suzuki Alto Lapin Press Conference

Related Gallery:SUZUKI Lapin



第1~2位は、昨年同様JC08モード燃費値37km/Lで スズキアルトと同車OEMの マツダキャロル」(画像)の2車種がランクイン。

RA06A型658cc直列3気筒エンジンは、先代「アルト エコ」やワゴンRハスラーなどに搭載されているものから圧縮比を上げる(11.2から11.5へ)など、さらに高効率化を推し進めた。

車両重量の大幅な軽量化もあり、お馴染み「エネチャージ」を搭載する前輪駆動のCVT車では、JC08モード燃費37.0km/Lというガソリン車No.1の低燃費を達成している。

燃費性能に関しては、スズキ系が7台、ダイハツ系で3台となっており、昨年同様スズキ優勢といった状況だ。しかし、2017年12月の登録台数は、1位ホンダ「N-BOX」、2位ダイハツ「ムーヴ」、3位日産「デイズ」となっており、燃費が良いことだけが販売台数につながるわけではない状況になってきている。

燃費競争の終わりが来るのか、来年のランキングも楽しみだ。

Related Gallery:ALTO WORKS Dec,2015

Related Gallery:Suzuki Alto Turbo RS

Related Gallery:Suzuki Alto Works at Tsukuba Circuit


出典:国土交通省

国土交通省公式サイト
http://www.mlit.go.jp/