【NYオートショー2018】マイナーチェンジを受けた「メルセデスAMG C 63」が登場!
Related Gallery:2019 Mercedes-AMG C63 S Coupe

メルセデス・ベンツはジュネーブ・モーターショーで「Cクラス」および「メルセデスAMG C43 4MATIC」のマイナーチェンジを発表した。それから約1ヶ月遅れて、同様に様々な改良が施されたシリーズ最強モデル「メルセデスAMG C63」をニューヨーク国際オートショーで公開した。


Related Gallery:2019 Mercedes-AMG C63 Coupe: New York 2018

4.0リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンの最高出力は、「C 63」が476psで「C 63 S」が510psと、今までと変わらないが、湿式多板クラッチを使ったオートマチック・トランスミッション「AMGスピードシフト MCT」は従来の7速から9速に進化した。セダン、ステーションワゴン、クーペ 、カブリオレという4種類のボディ・スタイルではクーペ が最も加速に優れ、S 63 Sクーペ の0-100km/h加速は3.9秒。同じエンジンを積んでもセダンはこれより0.1秒遅く、ステーションワゴンとカブリオレではさらに0.1秒遅れる。そして"S"が付かないモデルは同じボディのSよりそれぞれ0.1秒遅い。最高速度はC 63 Sが290km/h(ステーションワゴンとカブリオレは280km/h)、C 63は250km/hで電子制御リミッターが作動する。

Mercedes-AMG C 63 S Coupé, AMG Night Paket und AMG Carbon-Paket II, Außenfarbe: designo diamantweiß bright.;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 10,1 l/100 km; CO2-Emissionen kombiniert: 230 g/km (vorläufige Daten)  Mercedes-AMG C 63 S Coupé, AMG Night package and AMG Carbon-package II, Exterior paint: designo diamond white bright;Fuel consumption combined: 10.1 l/100 km; combined CO2 emissions: 230 g/km (provisional data)
「AMG DYNAMICS」と呼ばれるドライビング・モードは、「Slippery」「Comfort」「Sport」「Sport+」「Race」「Individual」と最大6通りのプログラムに切り替えることができ、ステアリング、サスペンション、スロットル・レスポンス、シフトチェンジ、リミテッド・スリップ・デフの設定が、安全性重視からサーキット走行に特化したレース用まで、選択したモードによって変化する。実際にサーキットを走行するオーナーのために「AMG TRACK PACE」というデータロガーも用意されている(C 63 Sに標準装備。C 63はオプションで搭載可能)ニュルブルクリンクやスパ・フランコルシャンなどのサーキットが既にこれに登録されている。

Mercedes-AMG C 63 S Coupé, AMG Night Paket und AMG Carbon-Paket II, Außenfarbe: designo diamantweiß bright.;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 10,1 l/100 km; CO2-Emissionen kombiniert: 230 g/km (vorläufige Daten)  Mercedes-AMG C 63 S Coupé, AMG Night package and AMG Carbon-package II, Exterior paint: designo diamond white bright;Fuel consumption combined: 10.1 l/100 km; combined CO2 emissions: 230 g/km (provisional data)
インフォテインメント・システムは刷新され、アナログ・メーターの代わりにドライバーの眼前に備わる12.3インチのデジタル・インストゥルメント・クラスターは、表示モードを「クラシック」「スポーティ」「スーパースポーツ」というAMG専用の3種類から選べる。さらにAMG専用メニューでは、エンジンやトランスミッションの油温などを表示する「ウォームアップ」、ドライブ・モードやサスペンション、エキゾースト、ESPなどの設定を表示する「セットアップ」、現在のGを表示したり最大Gを記録する「Gフォース」、エンジンのトルクや出力、ブースト圧を表示する「エンジン・データ」、マニュアル・ストップウォッチとラップタイム、平均速度などを表示する「レース・タイマー」(AMG TRACK PACE装着車はサーキットのラップタイムや区間タイムを表示する「AMG TRACK PACE」メニューになる)が用意されている。新しくなったステアリング・ホイールにはスワイプ操作の可能な「タッチ・コントロール」ボタンが装備された。

単なるフェイスリフトに留まらず、様々な新しいテクノロジーが投入された新型C 63の発売は2019年になる見込みだ。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Mercedes-AMG C63 S Coupe

Related Gallery:2019 Mercedes-AMG C63 Coupe: New York 2018

Related Gallery:2019 Mercedes-AMG C63 S Coupe


■関連記事
メルセデス・ベンツ「Cクラス」がマイナーチェンジ! 半自動運転を可能にする先進運転支援システムを搭載

【ジュネーブモーターショー2018】「メルセデスAMG C 43 4MATIC」がマイナーチェンジ! エンジンもパワーアップ

■関連動画