Related Gallery:2018 Moab Easter Jeep Safari Concepts

第1弾第2弾に引き続き、ジープが毎年恒例のイベント「イータスー・ジープ・サファリ」のために製作したコンセプトカーを動画と画像でご紹介。


ジープ「ジープスター
1966年型ジープスターのイメージを、現代の「ラングラー ルビコン」に蘇らせたレトロなコンセプト。ファイヤー・クラッカー・レッドのボディにブライト・ホワイトのハードトップとフェンダーを組み合わせ、通常のジープのバッジの代わりに3色仕上げのジープスターのバッジが付く。ウインド・シールドは2インチ(約5cm)切り詰められ、上端が2.5インチ後退している。2インチ・リフトアップ・キットで車高を引き上げ、ボディ同色のビードロック・ホイールに37インチのBFグッドリッチ製「オールテレインKO2」タイヤを装着。インテリアにはロールケージとブラックのレザー・シート、そしてスペアタイヤ・キャリアも装備。代わりにテールゲート部には食料や道具類を収納するストレージが備わる。

【第3弾】ジープが毎年恒例のイベントに向けて製作した7台のカスタム・モデルを画像と動画で紹介!【第3弾】ジープが毎年恒例のイベントに向けて製作した7台のカスタム・モデルを画像と動画で紹介!
「ナチョ ジープ」
2018年型「ラングラー ルビコン」がベースの「ナチョ・ジープ」と呼ばれるこのモデルは、ナチョ(コーンチップ)・イエローのペイントが特徴だ。しかし、同車の目的は、MOPARブランドによる「ジープ・パフォーマンス・パーツ(JPP)」の豊富な製品を見せつけることにある。直径2.5インチ(約6.35cm)のアルミ製ショックアブソーバーを含む2インチ(約5cm)のリフトアップ・キットはカタログに掲載されたばかりのもの。サテンブラックのグリルやWarn製のウインチ・キット、ブラッシュガード付きLEDライトを支えるライトブラケット、そしてフロントに取り付けられたトレイル・ライティング・キットも同様にカタログ掲載商品だ。

頑丈なロックガード一式と、直径2インチのチューブ・ドア、スペア・タイヤのヒンジ補強キット、ブラックで仕上げられた給油口がスタイリングを引き締めており、鮮やかなカラーを際立たせている。Katzkin社によるブラックのレザー・シートには淡いタングステンのステッチが入り、ジープがインテリアにも手を抜かなかったことを証明している。2.0リッター4気筒ターボ・エンジンにはコールドエア・インテークが追加されている。


ジープ・ナチョをご覧になったご感想はいかがだろうか? 「ナチョ」つまり「Not Yours(あなたのものではない)」と聞こえる? そんなことはない。豊富な資金を持つ「ラングラー」のオーナーが市販されているJPPの純正アクセサリーで再現できないのは、サテンカーボン仕上げのホイールだけだという。



ジープ「J-ワゴン
「ラングラー サハラ」をベースにしたこのコンセプトは、街と荒野の融合だ。つまり都会とオフロードの双方で最大の魅力を発揮できるようにデザインされている。密閉性を高めたキャビンに合わせてエンジン・ルームにはシュノーケルを取り付け、直径5インチ(約13センチ)のオフロード用LEDライトは軍レベルの照度を発揮する。

特別なウォーム・ナチュラル・グレイのボディ・カラーには、ブラックのMOPARグリルや「ブラス・モンキー」カラーのトリムと17インチ・ホイールが映える。バッジや牽引フックなどに施されたオレンジのアクセントカラーが際立っている。


By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【第1弾】ジープが毎年恒例のイベントに向けて製作した7台のカスタム・モデルを画像と動画で紹介!

【第2弾】ジープが毎年恒例のイベントに向けて製作した7台のカスタム・モデルを画像と動画で紹介!