『トップギア』、トラクターで最高速度140km/hを達成しギネス記録に認定!
英国BBCの自動車番組『トップギア』が、またおかしな記録に挑戦した。今度は改造した農業用トラクターによる世界最速記録の更新だ。

『トップギア』のエンジニア・チームが作り上げたこの「Track-tor」と呼ばれる農作業用マシンには、最高出力500hpを発生するシボレーのV型8気筒エンジンが搭載されている。さらに、すべての4輪にブレーキを装備(通常のトラクターは後輪にしかブレーキがない)し、調整可能なエアサスペンション・システムと、後輪には20インチのスプリットリム・ホイールに54インチの「スーパー・スワンパー・ボガー」タイヤを装着。仕上げにランボルギーニのオレンジ色でペイントを施した。様々な改造の中でも「どうやら特にペイントが効果を発揮したようだ」と『トップギア』はみている。

この挑戦は、ギネス世界記録の審査員立ち合いの下、イングランドにあるレスターの元軍用飛行場で行われた。運転席に座るのは、ご存知覆面レーサー、スティグだ。Track-torは2回の走行による平均で、これまでの最速記録80.87mph(約130.15km/h)を打ち破る 87.2mph(約140.45km/h)を達成した。

だが、この偉業もホンダの新型芝刈り機「Mean Mower」と比べると印象が薄らいでしまう。Mean Mowerは、最高出力192hpを発生させる1,000cc直列4気筒エンジンを搭載し、報じられているところによると、最高速度は215km/hに達するという。まさしく最速の芝刈り機だ。もし園芸に関する作業でスピードを求めているのであれば、ホンダをお勧めしたい。


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】ホンダが「世界最速の芝刈り機」をさらにパワーアップ! 「CBR1000RR ファイヤーブレード」のエンジンを積んで192psに!

【ビデオ】怖くて子供は乗せられない!? ギネス記録に挑む世界最速のベビーカー!

【ビデオ】世界最速の霊柩車が、ゼロヨン9.5秒を目指して1300馬力にパワーアップ!